Labs

<< 最初 < 前ページ 次ページ > 最後 >>
icon 2016/07/25 [bower]インストール

npm(Node.jsパッケージ管理)インストール


# aptitude install npm
# ln -s /usr/bin/nodejs /usr/bin/node

bowerインストール


# npm install -g bower

bower確認・アップデート


$ bower -v
1.7.9
$ bower update
bower jquery#^3.1.0             cached https://github.com/jquery/jquery-dist.git#3.1.0
bower jquery#^3.1.0           validate 3.1.0 against https://github.com/jquery/jquery-dist.git#^3.1.0

bowrでパッケージインストール


$ bower install jquery
$ bower list
bower check-new     Checking for new versions of the project dependencies...
yoo /home/yoo
└── jquery#3.1.0 extraneous

$ bower install bootstrap
bower bootstrap#*           not-cached https://github.com/twbs/bootstrap.git#*
bower bootstrap#*              resolve https://github.com/twbs/bootstrap.git#*
bower bootstrap#*             checkout v3.3.6
bower bootstrap#*             resolved https://github.com/twbs/bootstrap.git#3.3.6
bower jquery#1.9.1 - 2      not-cached https://github.com/jquery/jquery-dist.git#1.9.1 - 2
bower jquery#1.9.1 - 2         resolve https://github.com/jquery/jquery-dist.git#1.9.1 - 2
bower jquery#1.9.1 - 2        checkout 2.2.4
bower jquery#1.9.1 - 2        resolved https://github.com/jquery/jquery-dist.git#2.2.4

Unable to find a suitable version for jquery, please choose one by typing one of the numbers below:
    1) jquery#1.9.1 - 2 which resolved to 2.2.4 and is required by bootstrap#3.3.6
    2) jquery#^3.1.0 which resolved to 3.1.0 and is required by yoo

Prefix the choice with ! to persist it to bower.json

? Answer 1
bower jquery#1.9.1 - 2         install jquery#2.2.4
bower bootstrap#^3.3.6         install bootstrap#3.3.6

jquery#2.2.4 bower_components/jquery

bootstrap#3.3.6 bower_components/bootstrap
└── jquery#2.2.4
icon 2016/07/05 PHP5.6でSSL通信エラー
PHP5.6からOpenSSLの仕様が変更になりました。
PHP 5.6.x における OpenSSL 関連の変更

これにより、file_get_contents()やimagesize()のような関数がエラーになります。
特に開発環境で自己証明書を利用時には注意です。

SSL通信結果確認


<?php
ini_set('display_errors',1);
ini_set('log_errors','On');

stream_context_set_default([
    'ssl' => [
        'crypto_method' => STREAM_CRYPTO_METHOD_TLS_CLIENT,
        'capture_session_meta' => true,
    ],
]);

file_get_contents('https://www.google.com/');

$ctx = stream_context_get_default();
$meta = stream_context_get_options($ctx);
var_dump($meta['ssl']['session_meta']['protocol']);

$results = file_get_contents('https://ローカルドメイン/');
var_dump($results);
?>

https://www.google.com/ は信頼されるドメインのため正常にSSL通信できます。
https://ローカルドメイン/ は信頼されないドメインのためエラーになります。

証明書の確認


openssl コマンドで証明書内容を表示して、CN(ドメイン)を確認
CNとhttpsのドメインが一致しないと、file_get_contents()できません。

openssl x509 -in server.crt -text
Certificate:
    Data:
        Version: 1 (0x0)
        Serial Number:
            e3:03:47:2c:20:5c:7f:9e
    Signature Algorithm: sha256WithRSAEncryption
        Issuer: C=JP, ST=Tokyo, L=yoo, O=Telepath.inc, OU=Develepment, CN=debian/emailAddress=yoshikawa@telepath.co.jp
        Validity
            Not Before: Jul  4 10:31:50 2016 GMT
            Not After : Jul  2 10:31:50 2026 GMT
        Subject: C=JP, ST=Tokyo, L=yoo, O=Telepath.inc, OU=Develepment, CN=debian/emailAddress=yoshikawa@telepath.co.jp
        Subject Public Key Info:
            Public Key Algorithm: rsaEncryption
                Public-Key: (2048 bit)
                Modulus:
....


SSL通信は自己証明書のドメインと一致させる


開発環境だとIP通信してしまいがちですが(自分もそう)、自己証明書のドメインと異なる場合、通信エラーになります。

URLは自己証明書のドメインを利用しましょう。

php.iniの設定


以下のファイルに「cafile」「capath」のパスを設定(curlも念のため設定)

- /etc/php5/apache/php.ini
- /etc/php5/cli/php.ini
curl.cainfo=/etc/ssl/server.crt
openssl.cafile=/etc/ssl/server.crt
openssl.capath=/etc/ssl/server.crt

phpinfo() でグローバル設定されてるか確認できます。
icon 2016/06/23 [Debian]Ruby 2.3 on Rails4 インストール
Debian8環境だとパッケージインストールは ruby1.9.3 まで。
よって2系は rbenvでインストール&管理することになります。

rbenvインストール


$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile

rbenv確認


$ rbenv -v
rbenv 1.0.0-21-g9fdce5d

rubyインストール


$ rbenv install --list
.....
$ rbenv install 2.3.0
$ rbenv global 2.3.0
$ rbenv rehash

ruby1.9以降、gemも含まれているようです。

Railsインストール


$ gem install rails
$ rails -v
Rails 4.2.6

Railsアプリ作成


$ rails new helloapp
このままサーバを起動しようとしてもエラーになるので、Gemfileに以下を追加

$ vi Gemfile
gem 'execjs'
gem 'therubyracer'

Railsサーバ起動


$ rails bundle install
$ rails s -b 0.0.0.0
=> Booting WEBrick
=> Rails 4.2.6 application starting in development on http://0.0.0.0:3000
=> Run `rails server -h` for more startup options
=> Ctrl-C to shutdown server
Rails4.2から、IPオプションを指定しないと外部からアクセスできないようです。

Railsも何だか色々面倒になってますね。。。
<< 最初 < 前ページ 次ページ > 最後 >>

このサイトについて

HTML5 & CSS3化しつつあるので、現在IEには対応してません。
できれば、Google Chromeやら Apple SafariのWebKit系をお勧めします。

DBからプログラムまで一応全て自作なので、バグってたらすいません。
実験でFlash版(Flex版)を先に作りましたが、ちょっと停止してます。

プロフィール

新宿近辺でSE & プログラマーしてます。
Webアプリの開発・設計とか、最近はiPhoneとか奮闘してます。
デザインはさっぱりです。

音楽は、昔からCubase打ち込み人間で、そっちの方が経歴は長いですが、最近はやる暇がないです。。。

今は、Gon's Privates ってバンドのキーボードやってます。
単発的に、なんちゃってジャズ系のライブもやってます。

名古屋生まれなのでドラゴンズ好きです。

Info && SNS

Gmail

 yohei.yoshikawa@gmail.com

Twitter

 http://twitter.com/yoo_yoo_yoo

あんまつぶやきませんが、一応技術系メインで使ってます。情報交換はこちらへ

FaceBook

 http://www.facebook.com/#!/profile.php?id=1439130626

海外の知り合いがいないので閑散としてます。

mixi

 http://mixi.jp/show_profile.pl?id=230072

音楽仲間とかはこっちメインでやってます。興味があればこちらへ