Blade でカスタムクラスを利用する

2020/10/24

Blade ではデフォルトでカスタムクラスを呼び出すことができないため、別途設定する必要があります。

app.php を修正

Laravel ではデフォルトでクラスをオートロードしていますが、その設定は app.php に記述されています。

'School' => App\School::class,


    'aliases' => [

        'App' => Illuminate\Support\Facades\App::class,
        'Arr' => Illuminate\Support\Arr::class,
        'Artisan' => Illuminate\Support\Facades\Artisan::class,
        'Auth' => Illuminate\Support\Facades\Auth::class,
        'Blade' => Illuminate\Support\Facades\Blade::class,
        'Broadcast' => Illuminate\Support\Facades\Broadcast::class,
        'Bus' => Illuminate\Support\Facades\Bus::class,
        'Cache' => Illuminate\Support\Facades\Cache::class,
        'Config' => Illuminate\Support\Facades\Config::class,
        'Cookie' => Illuminate\Support\Facades\Cookie::class,
        'Crypt' => Illuminate\Support\Facades\Crypt::class,
        'DB' => Illuminate\Support\Facades\DB::class,
        'Eloquent' => Illuminate\Database\Eloquent\Model::class,
        'Event' => Illuminate\Support\Facades\Event::class,
        'File' => Illuminate\Support\Facades\File::class,
        'Gate' => Illuminate\Support\Facades\Gate::class,
        'Hash' => Illuminate\Support\Facades\Hash::class,
        'Lang' => Illuminate\Support\Facades\Lang::class,
        'Log' => Illuminate\Support\Facades\Log::class,
        'Mail' => Illuminate\Support\Facades\Mail::class,
        'Notification' => Illuminate\Support\Facades\Notification::class,
        'Password' => Illuminate\Support\Facades\Password::class,
        'Queue' => Illuminate\Support\Facades\Queue::class,
        'Redirect' => Illuminate\Support\Facades\Redirect::class,
        'Redis' => Illuminate\Support\Facades\Redis::class,
        'Request' => Illuminate\Support\Facades\Request::class,
        'Response' => Illuminate\Support\Facades\Response::class,
        'Route' => Illuminate\Support\Facades\Route::class,
        'Schema' => Illuminate\Support\Facades\Schema::class,
        'Session' => Illuminate\Support\Facades\Session::class,
        'Storage' => Illuminate\Support\Facades\Storage::class,
        'Str' => Illuminate\Support\Str::class,
        'URL' => Illuminate\Support\Facades\URL::class,
        'Validator' => Illuminate\Support\Facades\Validator::class,
        'View' => Illuminate\Support\Facades\View::class,
    ],

Laravel で Facade でよく利用される名称に気づくでしょう。

カスタムクラスをアプリ全体で利用する場合は、 app.php の 「aliases」 に追加します。

Item.php を利用してみる

例えば、app/Item.php クラスファイルが以下のように税込計算の static 関数が定義してあるとします。


class Item {
    public static function taxPrice($price, $tax) {
        return $price * (1 + $tax);
    }
}

この Item.php を app.php にネームスペース記述で追加します。


    'aliases' => [
        ....
        'Item' => App\Item::class,
    ],

これで、アプリ全体で利用可能になり Blade ファイルからも利用することができます。


{{ Item::taxPrice(100, 0.1) }} 

app.php に設定する前に

アプリ全体で利用できるのは便利ですが毎回ローディングされるため、たくさんのカスタムファイルや大きなファイルはメモリ消費や負荷を念頭においた方がよいでしょう。

さほど利用しない機能のクラスは、コントローラーで都度呼び出したりミドルウェアなどで処理することが基本となります。 また、Blade でクラスを多用しすぎると MVC の分離ができなるなるのも注意が必要です。

Mac に minikube をインストール
途中から .gitignore に追加する
Larevel 6.x から Laravel 8.x にバージョンアップ
Composer で Allowed memory size (メモリ不足)エラー
Blade でカスタムクラスを利用する
git push git pull にブランチ指定せずに実行する
git pull や git push できなくなったとき
Docker のコンテナからホストOS に接続
Mac で ローカル IP アドレス(ipv4)のみを表示する
ホストOS から Docker の MySQLコンテナに接続
caching_sha2_password のエラー
node-config で環境設定ファイルを利用する
rootパスワードを初期化(再設定)する
Git から clone したときのエラー対処
Mac に MySQL をインストール
Mac に PostgreSQL をインストール
Laravel 環境構築 - Mac ネイティブ編
Firebase 入門 - Firebase とは
Firebase 入門 - CLI インストールとデータベースの設定
AWS 無料枠(t2.micro)で容量とメモリエラー
Cloud9 を起動する -初心者編-
gcloud で GCEインスタンスを起動してみる
AWS CLI と jq でインスタンス一覧を整形して表示
React と Laravel7 のプロジェクトを作成する
Homebrewインストール-2020年版
3直線で囲まれた範囲塗りつぶし
PuLP で線形最適化問題を解く
カスタムのペジネーションを作る
node-sass を使って sass をコンパイルする
Log ファサードでSQLログを分離して書き出す
いちから始める Docker - 複数のコンテナを使う - (2020年)
いちから始める Docker - docker-compose を使う - (2020年)
AWS ECR を使ってみる
Laravel7 でマルチ認証
Mac に AWS Client を設定する
Laravel7 リリース
v-html でHTML表示する
Laravel で Nuxt.js を使ってみる(Docker環境)
Laravel で Vue コンポーネントを使う
いちから始める Docker -コンテナをビルド- (2020年)
いちから始める Docker -起動してみる- (2020年)
Mac で MySQL(8系)
composer で vendor がインストールできない
Eloquent の日付を Carbon で扱う
webpack 4 入門(npm編)
[Mac]容量を減らす
DIコンテナはじめ
freee SDKを Laravel で使ってみる
freee API を使ってみる
Segueを利用しない画面遷移