Labs

<< 最初 < 前ページ 次ページ > 最後 >>
icon ロケールの再構築 (2019/08/27)
# localedef -i ja_JP -c -f UTF-8 -A /usr/share/locale/locale.alias ja_JP.UTF-8
# vi /etc/locale.gen
ja_JP.UTF-8 UTF-8
# update-locale LANG=ja_JP.UTF-8
再ログイン
# locale
LANG=ja_JP.UTF-8
LANGUAGE=
LC_CTYPE="ja_JP.UTF-8"
LC_NUMERIC="ja_JP.UTF-8"
LC_TIME="ja_JP.UTF-8"
LC_COLLATE="ja_JP.UTF-8"
LC_MONETARY="ja_JP.UTF-8"
LC_MESSAGES="ja_JP.UTF-8"
LC_PAPER="ja_JP.UTF-8"
LC_NAME="ja_JP.UTF-8"
LC_ADDRESS="ja_JP.UTF-8"
LC_TELEPHONE="ja_JP.UTF-8"
LC_MEASUREMENT="ja_JP.UTF-8"
LC_IDENTIFICATION="ja_JP.UTF-8"
LC_ALL=

# pg_createcluster 10 -e UTF-8 --locale ja_JP.UTF-8 --start main
icon vagrant グループに Apacheを追加 (2019/08/27)
vagrant で Apache を利用するとパーミッションの問題が発生する
一般ユーザ同様に、グループ設定を行う

Ubuntu

# usermod -aG www-data vagrant
# getent group www-data
www-data:x:33:vagrant

CentOS

# usermod -aG apache vagrant
icon Anadondaの削除 (2019/08/25)
Python単体 と Anaconda は比較的衝突しやすいので、Anacondaを削除してみる

anaconda-clean のインストールと実行

$ conda install anaconda-clean
$ anaconda-clean

anaconda_backup の削除

$ rm -rf ~/.anaconda_backup

anaconda 本体の削除

環境によってパスが異なるが、which anaconda などでパスを確認して削除
$ cd ~/.pyenv
$ rm -rf versions
$ cd .pyenv/shims
$ rm -rf anaconda*

.bash_profile から環境変数の削除

~/.bash_profile に環境変数が追加されていた場合はこれを削除

ターミナルを再起動すると anaconda は動作しない
<< 最初 < 前ページ 次ページ > 最後 >>