Labs

<< 最初 < 前ページ 次ページ > 最後 >>
icon Laravel 6.x 構築(Homestead編) (2020/01/12)
Laravel 6.x Laravel Homestead を利用して Laravel 6.x の環境を構築する。
Homestead は Laravel の vagrant box 版です。
一からコマンドベースで構築するとかなり大変(というか npm の依存とかでエラー多発)なので、公式でも Homestead を推奨しています。

Vagrant バージョンの確認



Download Vagrant
から最新の vagrant をインストール(アップデートする)
Laravel 6.x Homestead は 2.2.6 以上が必要
$ vagrant --version
Vagrant 2.2.6


プラグインアップデート


Vagrant アップデートした場合は、プラグインもアップデートする必要がある。
$ vagrant plugin update
Updating installed plugins...
Updated 'vagrant-vbguest' to version '0.23.0'!


Vagrant に Homestead を追加


$ vagrant box add laravel/homestead
==> box: Loading metadata for box 'laravel/homestead'
box: URL: https://vagrantcloud.com/laravel/homestead
==> box: Adding box 'laravel/homestead' (v9.2.2-alpha1) for provider: virtualbox
box: Downloading: https://vagrantcloud.com/laravel/boxes/homestead/versions/9.2.2-alpha1/providers/virtualbox.box
box: Download redirected to host: vagrantcloud-files-production.s3.amazonaws
...


Vagrant Box の確認


$ vagrant box list
bento/ubuntu-18.04 (virtualbox, 201906.18.0)
centos/7 (virtualbox, 1905.1)
debian/stretch64 (virtualbox, 9.9.1)
laravel/homestead (virtualbox, 9.2.2-alpha1)
ubuntu/trusty64 (virtualbox, 20190429.0.1)

Homestead 設定


Git から Homestead 設定を cloneする
$ cd
$ git clone https://github.com/laravel/homestead.git Homestead

初期化


$ bash init.sh
Homestead initialized!

SSH鍵ファイルの作成


$ ssh-keygen -t rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/Users/yoo/.ssh/id_rsa):
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
...

id_rsa と id_rsa.pub が作成される。

Homestead.yaml 編集


Homestead の起動設定ファイル Homestead.yaml を設定する

ip: "192.168.10.10" #プライベートIPを設定する
memory: 2048
cpus: 2
provider: virtualbox

authorize: ~/.ssh/id_rsa.pub

keys:
- ~/.ssh/id_rsa

folders:
- map: ~/vagrant/homestead/projects #ホスト側のプロジェクトパスを設定
to: /home/vagrant/projects #Vagrant側のプロジェクトパスを設定
type: "nfs" #nfs を追記する

sites:
- map: homestead.test #サーバホストを設定する
to: /home/vagrant/projects/blog/public #Laravel Webルートを設定

databases:
- homestead

features:
- mariadb: false
- ohmyzsh: false
- webdriver: false

# ports:
# - send: 50000
# to: 5000
# - send: 7777
# to: 777
# protocol: udp

上記の設定は、以下のようなパスを設定している


・ホスト側(Mac)
~/vagrant/homestead/projects #プロジェクトパス

・リモート側(Vagrant)
/home/vagrant/projects #プロジェクトパス
/home/vagrant/projects/blog/public #Laravel の public


注意すべくは「folders:」の設定
デフォルトの設定だとNFSマウント(同期)できないので、「type: "nfs"」を追記する

vagrant-bindfs プラグインインストール


NFSを利用した場合、ファイルやフォルダへのアクセス権限を維持する為に、vagrant-bindfs プラグインのインストールが必要
$ vagrant plugin install vagrant-bindfs


Vagrant 起動


$ vagrant up


Homestead Vagrant

Vagrant SSHログイン


$ vagrant ssh


各バージョン確認


$ cat /etc/issue
Ubuntu 18.04.3 LTS \n \l
$ laravel -V
Laravel Installer 3.0.1
$ composer -V
Composer version 1.9.1 2019-11-01 17:20:17
$ node --version
v12.14.0
$ yarn --version
1.21.1
$ npm --version
6.13.4
$ php --version
PHP 7.4.1 (cli) (built: Dec 18 2019 14:44:22) ( NTS )
$ psql -V
psql (PostgreSQL) 11.6 (Ubuntu 11.6-1.pgdg18.04+1)


Laravel プロジェクト作成


Vagrant側で Laravel プロジェクトを作成する。
(あらかじめ、~/projects/ ディレクトリ作成済み)
$ cd projects/
$ composer create-project --prefer-dist laravel/laravel blog


ブラウザから Webサーバにアクセス


http://homestead.local にアクセスできるか確認する。

Homestead Laravel

PostgreSQL設定のロケール


en_US.UTF-8 がデフォルトになっているので、ja_JP.UTF-8 に変更する
ロケールの再構築 参照
icon try-catch で Exception検知 (2019/08/09)
try-catch でエラー検出する場合、namespace内でException を待ち受けするため「 Exception」と記述する必要がある。

Laravel の QueryException を検知する場合


    use  Illuminate Database QueryException;
....
public function store(Request $request)
{
try {
$user = new User;
$user->fill($request->all())->save();
} catch ( QueryException $e) {

}
}

QueryException
icon FormRequest を利用したバリデーション (2019/08/09)
入力フォームからの Request をバリデートする。
FormRequest を利用すると Controller に処理を記述しなくても事前にバリデートしてくれる。

FormRequestファイルの生成


$ php artisan make:request UserStoreRequest

app/Http/Requests/ にファイルが作成される
class UserStoreRequest extends FormRequest
{
/**
* Determine if the user is authorized to make this request.
*
* @return bool
*/
public function authorize()
{
return true; //デフォルトで false になっている
}

/**
* Get the validation rules that apply to the request.
*
* @return array
*/
public function rules()
{
//バリデートのルールを記述
return [
'name' => ['required', 'min:3', 'max:64', 'unique:users'],
'email' => ['required', 'min:4', 'max:255', 'unique:users'],
'password' => ['required', 'min:4', 'max:16'],
];
}

public function messages(){
//rules に対応したメッセージを記述
return [
'name.required' => '名前を入力してください。',
'name.min' => '名前は3文字以上で入力してください',
'name.max' => '名前が長すぎます',
'name.unique' => '名前は既に登録されています',
'email.required'=> 'Emailを入力してください。',
'email.min' => 'Emailが短かすぎます',
'email.max' => 'Emailが長すぎます',
'email.unique' => 'Emailは既に登録されています',
'password.required'=> 'パスワード入力してください。',
'password.min' => 'パスワードは4文字以上で入力してください',
'password.max' => 'パスワードは32文字以内で入力してください',
];
}
}

Controller 設定


引数のクラスを Request から UserStoreRequest に変更すると FormRequest が自動的にバリデート処理をする
validate エラーが発生すると、即時に全画面にリダイレクトする
    public function store(UserStoreRequest $request)  //UserStoreRequest にクラス名を変更
{
//UserStoreRequest で validate エラーが発生すると、以降の処理は実行されない
$request->session()->put('request', $request->all());
try {
User::create($request->validated());
return redirect('user');
} catch (QueryException $e) {
return back()->withInput();
}
}

Blade でエラー表示


FormRequest で発生したエラーは、自動バインドされた $errors で記述する。
@if (count($errors) > 0)

    @foreach ($errors->all() as $error)
  • {{ $error }}

  • @endforeach

@endif

自分自身を除外する


UPDATE で 自分自身はユニークを除外する必要がある場合、Rule::unique() を利用する。
    use Illuminate Validation Rule;
.....
public function rules()
{
return [
'name' => [
'required', 'min:3', 'max:64',
Rule::unique('users')->ignore($this->id),
],
'email' => [
'required', 'min:4', 'max:255',
Rule::unique('users')->ignore($this->id),
]
];
}
<< 最初 < 前ページ 次ページ > 最後 >>