3直線で囲まれた範囲塗りつぶし

2020/05/16

Matplotlib で3直線で囲まれた範囲を塗りつぶしをしてみます。

3直線の定義

まず、x の範囲を適当に設定し、3直線を定義します。


x = np.arange(0, 100, 0.1)
y1 = -x * (3/2) + 100
y2 = -x / 5 + 32
y3 = -x * (3/4) + 250 / 3

プロット


plt.plot(x, y1, label="y1: 3*x1 + 2*x2 >= 200")
plt.plot(x, y2, label="y2: x1 + 5*x2 >= 160")
plt.plot(x, y3, label="y3: 4*x1 + 3*x2 >= 250")

塗りつぶし

実際の塗りつぶしは、fill_between() 機能を利用します。

ですが、fill_between() は3式以上には対応していないため、2つのデータに落とし込む必要があります。

2式(データ)に落とし込む

numpy の maximum(), minimum() で2式の最大値または最小値を取得します。

まず y1  y2 のグラフのような条件下でデータ y4 を設定します。


y4 = np.maximum(y1, y2)

グラフを塗りつぶす

今度は y3, y4 を fill_between() と where パラメータで塗りつぶします。

グラフでもわかるように y4(y1, y2 条件のデータ) <= y3 となります。


ax = plt.axes()
ax.fill_between(
    x,
    y3,
    y4,
    where=y3 > y4,
    alpha=0.3,
    interpolate=True,
)

第1引数は、x軸の値、第2,3引数は2式のデータ、オプションとして where など設定します

もし、3式の交点がわあかっていれば、fill() を使って交点指定で塗りつぶしても良いかと思います。

AWS CLI と jq でインスタンス一覧を整形して表示
React と Laravel7 のプロジェクトを作成する
Homebrewインストール-2020年版
3直線で囲まれた範囲塗りつぶし
PuLP で線形最適化問題を解く
カスタムのペジネーションを作る
node-sass を使って sass をコンパイルする
Log ファサードでSQLログを分離して書き出す
いちから始める Docker - 複数のコンテナを使う - (2020年)
いちから始める Docker - docker-compose を使う - (2020年)
AWS ECR を使ってみる
Laravel7 でマルチ認証
Mac に AWS Client を設定する
Laravel 7 リリース
v-html でHTML表示する
Laravel で Vue コンポーネントを使う
Laravel で Nuxt.js を使ってみる(Docker環境)
いちから始める Docker -コンテナをビルド- (2020年)
いちから始める Docker -起動してみる- (2020年)
Mac で MySQL(8系)
composer で vendor がインストールできない
Eloquent の日付を Carbon で扱う
webpack 4 入門(npm編)
[Mac]容量を減らす
DIコンテナはじめ
freee SDKを Laravel で使ってみる
freee API を使ってみる
Segueを利用しない画面遷移
Xcode11.3 で XVim2 を利用する
Codable で JSONを読み込み
Webpack入門(yarn編)
MacからLaradock PostgreSQLで接続エラー
Dockerで不要なコンテナ・イメージを削除
Mac で Laradock の構築
yarn インストール&プロジェクト作成
Laravel 6.x 構築(Homestead編)
Composer インストール
nvm インストール
npm install が Mac でエラー
HTMLタグでカーソルが同時処理(ミラーリング)されてしまう
DI(依存性注入)
[Ubuntu]Let's Encryptで無料の証明書を利用する
[Apache]Apache2.4のアクセス制限が変更
[Ubuntu]rootのログインとsudo権限追加
タミヤ マイコンロボット工作セットをMacに接続してみた
pgAdimn4 でブラウザで開けなくなる
Java8 を HomebrewとjEnvで構築
Android Studio環境構築 2019
ロケールの再構築
vagrant グループに Apacheを追加