AWS 無料枠(t2.micro)で容量とメモリエラー

2020/07/25

メモリとボリューム容量不足

AWS の無料枠では t2.micro でメモリ 1G のため、Cloud9 で Laravel のインストールなどでエラーになってしまうことがあります。

また EC2 のボリューム EBS(Amazon EBS Elastic Volumes)もデフォルト 10G のためプロジェクト作成で不足がちになります。

メモリエラーが出た場合

clound9 などでメモリ不足が発生すると以下のようなエラーになります。


[ErrorException]                                   
proc_open(): fork failed - Cannot allocate memory 

この対処として Swap 領域を確保して対応すると良いでしょう。


$ sudo dd if=/dev/zero of=/swapfile bs=1M count=2048
$ sudo /sbin/mkswap /var/swap.1
$ sudo /sbin/swapon /var/swap.1

容量不足になった場合

AWS Console にログインし、EC2 対象のインスタンスを選択して「アクション > ボリューム変更」を選択します。

サイズに容量(GB)を入力し【変更】をクリックします。
※無料枠は 合計 30GB が上限なので注意が必要です

ボリュームの変更確認画面で【はい】をクリックします。

ボリュームが変更されたら【閉じる】をクリックします。

ボリュームが変更されているのを確認しましょう。
EC2 インスタンスを再起動しなくてもボリュームは反映されているかと思います。

 

git push git pull にブランチ指定せずに実行する
git pull や git push できなくなったとき
Docker のコンテナからホストOS に接続
Mac で ローカル IP アドレス(ipv4)のみを表示する
ホストOS から Docker の MySQLコンテナに接続
caching_sha2_password のエラー
node-config で環境設定ファイルを利用する
rootパスワードを初期化(再設定)する
Git から clone したときのエラー対処
Mac に MySQL をインストール
Mac に PostgreSQL をインストール
Laravel 環境構築 - Mac ネイティブ編
Firebase 入門 - Firebase とは
Firebase 入門 - CLI インストールとデータベースの設定
AWS 無料枠(t2.micro)で容量とメモリエラー
Cloud9 を起動する -初心者編-
gcloud で GCEインスタンスを起動してみる
AWS CLI と jq でインスタンス一覧を整形して表示
React と Laravel7 のプロジェクトを作成する
Homebrewインストール-2020年版
3直線で囲まれた範囲塗りつぶし
PuLP で線形最適化問題を解く
カスタムのペジネーションを作る
node-sass を使って sass をコンパイルする
Log ファサードでSQLログを分離して書き出す
いちから始める Docker - 複数のコンテナを使う - (2020年)
いちから始める Docker - docker-compose を使う - (2020年)
AWS ECR を使ってみる
Laravel7 でマルチ認証
Mac に AWS Client を設定する
Laravel7 リリース
v-html でHTML表示する
Laravel で Nuxt.js を使ってみる(Docker環境)
Laravel で Vue コンポーネントを使う
いちから始める Docker -コンテナをビルド- (2020年)
いちから始める Docker -起動してみる- (2020年)
Mac で MySQL(8系)
composer で vendor がインストールできない
Eloquent の日付を Carbon で扱う
webpack 4 入門(npm編)
[Mac]容量を減らす
DIコンテナはじめ
freee SDKを Laravel で使ってみる
freee API を使ってみる
Segueを利用しない画面遷移
Xcode11.3 で XVim2 を利用する
Codable で JSONを読み込み
Webpack入門(yarn編)
MacからLaradock PostgreSQLで接続エラー
Mac で Laradock の構築