Labs

<< 最初 < 前ページ 次ページ > 最後 >>
icon 2010/04/01 Youtubeぶっこ抜き拒否された?
かなり頭悩ましてますw

このサイトのYootubeは、一般的なYoutube再生(swf再生)じゃなくて、
flvやmp4を直接ストリーミングしてます。
が・・・何か3月末から拒否されてるっぽい(T_T)

実はこのサイトのようにFlashからの外部アクセス(今回で言うYoutube)は、
セキュリティ的に無茶苦茶やっかいで、直接アクセスできません。

苦肉の策で、こんな感じでPHP経由(proxyプログラム)で取得してました。
■フロー
(1) swfからyoo-s.comのAPIへYoutube動画URLリクエスト
http://www.youtube.com/watch?v=ビデオID

(2) URLを解析し、ビデオIDを取得

(3) yoo-s.comからYoutubeに動画情報をリクエスト
http://www.youtube.com/get_video_info?&video_id=ビデオID

(4) テキストデータがかえってくるので、解析してtokenを取得

(5) ビデオIDとtokenを利用して、yoo-s.comからYoutubeへ動画リクエスト
http://youtube.com/get_video.php?video_id=ビデオID&t=token

(6) 303 See Otherが返る
クライアント直接型専用アプリ(C#やAir等)なら、この時点で動画をダウンロードできる
ここがやっかい。。。

(7) ヘッダを解析してLocationから真の動画URLを取得
例)
http://v8.lscache8.c.youtube.com/videoplayback?ip=72.0.0.0&..........

(8) yoo-s.comからswfへ動画URLを返信

しかし、冒頭にも記した通り、最近(7)のURLがyoo-s.comでは拒否されてしまう。。。
ローカル環境ならOKってことは、やっぱIPで制御されてる可能性大。
100%拒否されたとは断定できないけど「token発行がyoo-s.com」「動画再生がswfクライアント」
ってのが問題かな?

結局、クライアントから直接リクエストしないとダメかも。
とは言えswfからは直接アクセス不能なので、swf←→JavaScriptになるのか?
てかJavaScriptでも拒否されるかも知れん。。。

ちなみにAirアプリで作ったら、あっさりyoutubeから直接動画ダウンロードできたけど(^^;)
うーん、誰か助けてw
icon 2010/03/19 iPhoneアプリ -入門参考ページ-
iPhoneアプリはトーシロで、OSXアプリの講習会にも行った事あるけど、すっかり忘れてしまった。
「Cocoa/Objective-C」プログラム本を捨ててしまったので、基礎的な参考本がないw

ってことで、ネットで調べたらこのページがわかりやすい。
iPhone App Docs

Objective-Cは抜きにして、非常によくまとまっていると思う。
しかし「Interface Builder」は素晴らしいね。
アプリによっては、ほぼノンコーディングで作成できてしまうw

結局は「WebObjects」同様、プログラムをがりがりしないといけない&「Objective-C」の作法が壁だなぁ。
若ければ時間もあるし吸収力早いんだけど、年はとりたくないもんだ。。。

■メモ
▽view作成時のイベント
・viewDidLoad:インスタンス化したときに呼ばれる
・viewWillAppear:View表示直前に呼ばれる
・viewDidAppear:View表示直後に呼ばれる

▽touchイベント
- (void)touchesBegan:(NSSet *)touches withEvent:(UIEvent *)event
- (void)touchesMoved:(NSSet *)touches withEvent:(UIEvent *)event
- (void)touchesEnded:(NSSet *)touches withEvent:(UIEvent *)event
- (void)touchesCancelled:(NSSet *)touches withEvent:(UIEvent *)event

▽AVFoundation.frameworkのパス
/Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/
Developer/SDKs/iPhoneSimulatior2.2sdk/System/Library/Framework


icon 2010/03/17 Matrix3D -中心で回転させる-
オブジェクトを中心で回転させるプログラムに完全にハマりました(T_T)
とりあえず、このサイトのヘッダーメニューとBlog画面に実装しましています。

昔からベクトル大嫌い!
でも、3Dやるには切っても切れないから勉強しないと、この先思いやられるなぁ。

てか、中心の回転はFlex4で簡単にできるようになるんだっけ?(^^;)

とりあえず、サンプルコードを抜粋
  var matrix:Matrix3D = new Matrix3D();

  matrix.appendTranslation(-target.width/2, -target.height/2, 0);
  if (_params.rotationX > 0) {
      matrix.appendRotation(nRotationX, Vector3D.X_AXIS, new Vector3D(defaultX, defaultY));
  }
  if (_params.rotationY > 0) {
      matrix.appendRotation(nRotationY, Vector3D.Y_AXIS, new Vector3D(defaultX, defaultY));
  }
  matrix.appendTranslation(target.width/2, target.height/2, 0);
  target.transform.matrix3D = matrix;

オブジェクトを中心に回すには、基軸をオブジェクトの中心にずらさなくてはいけない。
肝は、pivotPointでした。

(1) appendTranslationでオブジェクトの幅、高さの半分平行移動

(2) appendRotationで各軸で回転させるが、第3引数のpivotPointで基軸を設定する

(3) appendTranslationで(1)で平行移動した分を戻す

<< 最初 < 前ページ 次ページ > 最後 >>

このサイトについて

HTML5 & CSS3化しつつあるので、現在IEには対応してません。
できれば、Google Chromeやら Apple SafariのWebKit系をお勧めします。

DBからプログラムまで一応全て自作なので、バグってたらすいません。
実験でFlash版(Flex版)を先に作りましたが、ちょっと停止してます。

プロフィール

新宿近辺でSE & プログラマーしてます。
Webアプリの開発・設計とか、最近はiPhoneとか奮闘してます。
デザインはさっぱりです。

音楽は、昔からCubase打ち込み人間で、そっちの方が経歴は長いですが、最近はやる暇がないです。。。

今は、Gon's Privates ってバンドのキーボードやってます。
単発的に、なんちゃってジャズ系のライブもやってます。

名古屋生まれなのでドラゴンズ好きです。

Info && SNS

Gmail

 yohei.yoshikawa@gmail.com

Twitter

 http://twitter.com/yoo_yoo_yoo

あんまつぶやきませんが、一応技術系メインで使ってます。情報交換はこちらへ

FaceBook

 http://www.facebook.com/#!/profile.php?id=1439130626

海外の知り合いがいないので閑散としてます。

mixi

 http://mixi.jp/show_profile.pl?id=230072

音楽仲間とかはこっちメインでやってます。興味があればこちらへ