Labs

<< 最初 < 前ページ 次ページ > 最後 >>
icon 2010/03/16 Adobe FLASH PLATFORM CAMP Tokyo
今日は全く仕事をせずに、Ustreamでセッションをずっと見てました(-_-)
会社では音が聴けなかったので、家でもう一回観ようと思います。

Ustream「Adobe FLASH PLATFORM CAMP Tokyo」

「Flash CS5」の宣伝てことで、デザイナーよりのFlasher向けのセッションでした。

抜粋
■Flash CSS と Flex Builder4の新機能
一番観たいのを見逃したw
あとで・・・。

■Flash CS5のiPhoneアプリ開発
「Objective-C」は習得がとにかく難しい言語なので、Flasherさんが一番気になる技術ですよね。

前にFlexUGでデモをちょっと見たので、まぁこんなもんか?という感じ?
OpenGLに変換する為のラッパークラスをかますのが肝。
あと、メモリ管理を視野に入れないと大変そう。

これからAppStoreが無尽蔵に増えそうだなw
てか、Flexにつけてよ!>Adobe

■スカンクワークス(特命チーム)
個人的には、一番刺激を受けたセッション。
Papervision3Dの開発者Ralph Hauwertのデモがクールだった。
Pixcel Benderのデモは前に見ていたが、もしかしたらWebGL、OpenGLが
常識の3Dの世界に風穴あけちゃうのかな?ってくらいリアルタイムレンダリングが速い気がした。

PixelBender Raytracer

■サイドショーへようこそ
Mario Klingemann氏のピクセルとベクトルとActionScriptを数学と科学で創造するアートワーク。
Twitterでは数学の芸術家と絶賛されてました!

Galactoseデモ

■アート・オブ・プレイ
Erik Natzke氏のデモはTwitterで評判が良かったようです。
PCアートって無機質っぽいけど、それをあまり感じさせない凄さ。

もちろん感性が一番重要なんだけど、MarioもErikもちゃんと数学の基礎ができている。
映像と数式がリンクしていて、まさにマトリックスの世界。

自分は幾何学がすげぇ苦手なんで、今悪戦苦闘(って程やってないけどw)
最終的に僕らは賢い人のライブラリを使うのが一番だと思うけど、物事の本質は知らないとね!
icon 2010/03/11 jQueryの3D
最近では、Ajaxでも3Dライブラリやサンプルを、みんな頑張って作ってるみたいだ。
個人が山ほど作ってるけど、どれを選択していいかわからないのが「Ajax」のダメなトコなんだよなぁ。
仕様が統一されてなくて、とにかくわかりにくい。。。

現状の3Dはまだまだ、Flash > Ajax + CSSだなぁ。
けど、HTMLある限りずっと付き合ってかなきゃいけないんだよねぇ(-_-)


とりあえず、今日見つけただけのサンプルを抜粋
■jQuery 3D Rotator

あはwこのページの背景と同じっぽいw
プロパティの設定の仕方はちと大変な気がするけど、HTMLだとしょうがないか?
ちと、わかりにくいかなぁ?


■Making a 3D Engine in jQuery

「DisplayObject3D」とか「Camera3D」とかクラス名見る限り「Papervision3D」
を移植しようと思ってるのかな?
ただ「Papervision3D」は、主力開発者が抜けて、すたれかけているような気がする。
何つってもCPUに負荷をかけるから重いしねぇ。

              
■Flip HTML content in 3D

回転だけに特化してるので、書き方がシンプルでわかりやすい。
色んなことするのは難しそう。

■Flip!

シンプルでわかりやすそう。
コールバックもついてる。


■jQuery faux-3D effect

このサイトの作りかけ中の「Photo」みたいな動きw
少ないコードで実現してますが、このままだと応用がきかなそうだ。



「OpenGL」に対応してくると、AjaxもFlashも格段に作り方が違うんだろうけど。
てか、おいらも「OpenGL」プログラムをそろそろ覚えないと(-_-;)
icon 2010/03/03 Ustream API はじめ
iPhoneの「Ustream Broadcaster」使ってみたけど、すげぇ簡単にライブ配信できる。
自分のiPhoneで早速試してみた(^_^)

                                
justinは完全に差をつけられた感じだなぁ。      
Ustreamはかなり技術力あってSoftbankも出資したし、ストリーミングは「Ustream」一本で間違いないだろう。

って訳で、このサイトも「Ustream」対応しようかと。

ちなみに、CMSとかでHTML出力するブロガーなら、JSやFlashガジェットタグ貼り付けるだけっす。
このサイトみたくフルFlashや自作でガジェット作りたい人は、公式サイトに「Ustream API」を利用。
パッと見だけど、わかりやすくてよく出来てると思う。

■Ustream APIデベロッパー登録
http://developer.ustream.tv/

登録すると「API Key」がゲットできます。

■Ustream APIドキュメント(英語)
http://developer.ustream.tv/data_api/docs

html,json,xml,phpのモードがあるけど、汎用性考えるとJSONっすね。
(PHPはsirializeで返ってくるけど、JSON使えればあんま意味ない気も)
しかも「Flash Client API」まで公開されてる!

■Flash Client API
▽ドキュメント
http://developer.ustream.tv/external/flash/

▽SVN
http://svn.ustream.tv/flash/rsls/

クロスドメイン制限してないのかな?
後々試してみます。


■API例
▽チャンネル一覧
http://api.ustream.tv/json/user/yohei/listAllVideos?key=API Key

■動作確認用のサンプル
class UStreamService extends Service {

    public function getChannels() {
        $params->user = UstreamのユーザID;
        $params->channel = Ustreamチャンネル名;
        $url = $this->getChannelListURL($params);
        $result = file_get_contents($url); 
        $results = json_decode($result);
        return $results
    }

    private function getChannelListURL($params, $mode="json") {
        $url = USTREAM_API_URL."/{$mode}/user/{$params->user}/listAllVideos?key=".USTREAM_API_KEY;
        return $url;
    }
}
仕様決まれば簡単にファイル分離できそうです。
本家サンプルではcurl使ってるけど、この程度ならfile_get_contentsで十分かな?
<< 最初 < 前ページ 次ページ > 最後 >>

このサイトについて

HTML5 & CSS3化しつつあるので、現在IEには対応してません。
できれば、Google Chromeやら Apple SafariのWebKit系をお勧めします。

DBからプログラムまで一応全て自作なので、バグってたらすいません。
実験でFlash版(Flex版)を先に作りましたが、ちょっと停止してます。

プロフィール

新宿近辺でSE & プログラマーしてます。
Webアプリの開発・設計とか、最近はiPhoneとか奮闘してます。
デザインはさっぱりです。

音楽は、昔からCubase打ち込み人間で、そっちの方が経歴は長いですが、最近はやる暇がないです。。。

今は、Gon's Privates ってバンドのキーボードやってます。
単発的に、なんちゃってジャズ系のライブもやってます。

名古屋生まれなのでドラゴンズ好きです。

Info && SNS

Gmail

 yohei.yoshikawa@gmail.com

Twitter

 http://twitter.com/yoo_yoo_yoo

あんまつぶやきませんが、一応技術系メインで使ってます。情報交換はこちらへ

FaceBook

 http://www.facebook.com/#!/profile.php?id=1439130626

海外の知り合いがいないので閑散としてます。

mixi

 http://mixi.jp/show_profile.pl?id=230072

音楽仲間とかはこっちメインでやってます。興味があればこちらへ