Eloquent の日付を Carbon で扱う

2020/03/01

Eloquent で DBから日付を扱う場合、$date にカラム指定することで自動キャストされます。
(ただし、DBデータの日付フォーマットには注意が必要です)

日付カラム指定


    protected $dates = [
        'created_at',
        'updated_at',
        'posted_at',
    ];

Carbon フォーマット

$datesで指定したカラムは、DB取得データで Carbon にキャストされているため、以下のように Blade でも読みやすい記述ができます。

 
@foreach ($values as $value)
{{ $value->posted_at->format('Y/m/d') }}
@endforeach

フォーマット指定

日付フォーマットも指定できる。


protected $dateFormat = 'Y-m-d H:i:s.u'; 

が、DBデータフォーマットと不整合があると、Exception(Carbon の Create.php)が発生するので注意が必要です。

個人的には「Y-m-d H:i:s」にした方が無難な気がします。

PostgreSQLの場合

  • created_at は CURRENT_TIMESTAMP
  • timstamp without time zone
  • timestamp(0) 

明示的に指定する場合は、


$table->timestamp('created_at')->default(DB::raw('now()::timestamp(0)'));
AWS CLI と jq でインスタンス一覧を整形して表示
React と Laravel7 のプロジェクトを作成する
Homebrewインストール-2020年版
3直線で囲まれた範囲塗りつぶし
PuLP で線形最適化問題を解く
カスタムのペジネーションを作る
node-sass を使って sass をコンパイルする
Log ファサードでSQLログを分離して書き出す
いちから始める Docker - 複数のコンテナを使う - (2020年)
いちから始める Docker - docker-compose を使う - (2020年)
AWS ECR を使ってみる
Laravel7 でマルチ認証
Mac に AWS Client を設定する
Laravel 7 リリース
v-html でHTML表示する
Laravel で Vue コンポーネントを使う
Laravel で Nuxt.js を使ってみる(Docker環境)
いちから始める Docker -コンテナをビルド- (2020年)
いちから始める Docker -起動してみる- (2020年)
Mac で MySQL(8系)
composer で vendor がインストールできない
Eloquent の日付を Carbon で扱う
webpack 4 入門(npm編)
[Mac]容量を減らす
DIコンテナはじめ
freee SDKを Laravel で使ってみる
freee API を使ってみる
Segueを利用しない画面遷移
Xcode11.3 で XVim2 を利用する
Codable で JSONを読み込み
Webpack入門(yarn編)
MacからLaradock PostgreSQLで接続エラー
Dockerで不要なコンテナ・イメージを削除
Mac で Laradock の構築
yarn インストール&プロジェクト作成
Laravel 6.x 構築(Homestead編)
Composer インストール
nvm インストール
npm install が Mac でエラー
HTMLタグでカーソルが同時処理(ミラーリング)されてしまう
DI(依存性注入)
[Ubuntu]Let's Encryptで無料の証明書を利用する
[Apache]Apache2.4のアクセス制限が変更
[Ubuntu]rootのログインとsudo権限追加
タミヤ マイコンロボット工作セットをMacに接続してみた
pgAdimn4 でブラウザで開けなくなる
Java8 を HomebrewとjEnvで構築
Android Studio環境構築 2019
ロケールの再構築
vagrant グループに Apacheを追加