FormRequest を利用したバリデーション

2019/08/09
入力フォームからの Request をバリデートする。 FormRequest を利用すると Controller に処理を記述しなくても事前にバリデートしてくれる。

FormRequestファイルの生成

$ php artisan make:request UserStoreRequest
app/Http/Requests/ にファイルが作成される
class UserStoreRequest extends FormRequest
{
    /**
     * Determine if the user is authorized to make this request.
     *
     * @return bool
     */
    public function authorize()
    {
        return true; //デフォルトで false になっている
    }

    /**
     * Get the validation rules that apply to the request.
     *
     * @return array
     */
    public function rules()
    {
        //バリデートのルールを記述
        return [
            'name' => ['required', 'min:3', 'max:64', 'unique:users'],
            'email' => ['required', 'min:4', 'max:255', 'unique:users'],
            'password' => ['required', 'min:4', 'max:16'],
        ];
    }

    public function messages(){
        //rules に対応したメッセージを記述
        return [
            'name.required'  => '名前を入力してください。',
            'name.min'       => '名前は3文字以上で入力してください',
            'name.max'       => '名前が長すぎます',
            'name.unique'       => '名前は既に登録されています',
            'email.required'=> 'Emailを入力してください。',
            'email.min'     => 'Emailが短かすぎます',
            'email.max'     => 'Emailが長すぎます',
            'email.unique'       => 'Emailは既に登録されています',
            'password.required'=> 'パスワード入力してください。',
            'password.min'     => 'パスワードは4文字以上で入力してください',
            'password.max'     => 'パスワードは32文字以内で入力してください',
        ];
    }
}

Controller 設定

引数のクラスを Request から UserStoreRequest に変更すると FormRequest が自動的にバリデート処理をする validate エラーが発生すると、即時に全画面にリダイレクトする
    public function store(UserStoreRequest $request)  //UserStoreRequest にクラス名を変更
    {
        //UserStoreRequest で validate エラーが発生すると、以降の処理は実行されない
        $request->session()->put('request', $request->all());
        try {
            User::create($request->validated());
            return redirect('user');
        } catch (QueryException $e) {
            return back()->withInput();
        }
    }

Blade でエラー表示

FormRequest で発生したエラーは、自動バインドされた $errors で記述する。
@if (count($errors) > 0)
<ul>
  @foreach ($errors->all() as $error)
  <li>{{ $error }}</li>
  @endforeach
</ul>
@endif

自分自身を除外する

UPDATE で 自分自身はユニークを除外する必要がある場合、Rule::unique() を利用する。
    use Illuminate Validation Rule;
    .....
    public function rules()
    {
        return [
            'name' => [
                'required', 'min:3', 'max:64',
                Rule::unique('users')->ignore($this->id),
            ],
            'email' => [
                'required', 'min:4', 'max:255',
                Rule::unique('users')->ignore($this->id),
            ]
        ];
    }
Mac に minikube をインストール
途中から .gitignore に追加する
Larevel 6.x から Laravel 8.x にバージョンアップ
Composer で Allowed memory size (メモリ不足)エラー
Blade でカスタムクラスを利用する
git push git pull にブランチ指定せずに実行する
git pull や git push できなくなったとき
Docker のコンテナからホストOS に接続
Mac で ローカル IP アドレス(ipv4)のみを表示する
ホストOS から Docker の MySQLコンテナに接続
caching_sha2_password のエラー
node-config で環境設定ファイルを利用する
rootパスワードを初期化(再設定)する
Git から clone したときのエラー対処
Mac に MySQL をインストール
Mac に PostgreSQL をインストール
Laravel 環境構築 - Mac ネイティブ編
Firebase 入門 - Firebase とは
Firebase 入門 - CLI インストールとデータベースの設定
AWS 無料枠(t2.micro)で容量とメモリエラー
Cloud9 を起動する -初心者編-
gcloud で GCEインスタンスを起動してみる
AWS CLI と jq でインスタンス一覧を整形して表示
React と Laravel7 のプロジェクトを作成する
Homebrewインストール-2020年版
3直線で囲まれた範囲塗りつぶし
PuLP で線形最適化問題を解く
カスタムのペジネーションを作る
node-sass を使って sass をコンパイルする
Log ファサードでSQLログを分離して書き出す
いちから始める Docker - 複数のコンテナを使う - (2020年)
いちから始める Docker - docker-compose を使う - (2020年)
AWS ECR を使ってみる
Laravel7 でマルチ認証
Mac に AWS Client を設定する
Laravel7 リリース
v-html でHTML表示する
Laravel で Nuxt.js を使ってみる(Docker環境)
Laravel で Vue コンポーネントを使う
いちから始める Docker -コンテナをビルド- (2020年)
いちから始める Docker -起動してみる- (2020年)
Mac で MySQL(8系)
composer で vendor がインストールできない
Eloquent の日付を Carbon で扱う
webpack 4 入門(npm編)
[Mac]容量を減らす
DIコンテナはじめ
freee SDKを Laravel で使ってみる
freee API を使ってみる
Segueを利用しない画面遷移