[Mac]容量を減らす
[R]OSXでRcmdrインストール
[R]RStudio環境の作成
[OSX]gem install エラーの対処
[GAS]GoogleDrive内のCSVを配列処理
[SublimeText]一括選択
[Mac]ファイル名一括変換コマンド
[Sublime Text]Shift-JISファイルを開く
[Atom]インストールや使用感
[Illustlator]画像トリミング(クリッピングマスク)
[OSX]ウィンドウのスクリーンショット
[SublimeText]サイドバーでファイル操作「SideBarEnhancements」
[Docker]OSXでDockerをインストール
[SublimeText]SublimeText3キーマップの編集
[Google Analytics]Core Reporting API
Homebrew
[SublimeText]キーボードショートカットの設定
[SublimeText]プラグイン
[SublimeText]Sublime Text3への環境移行
Docker
[SublimeText]テーマの変更
[OSX]不可視ファイルの表示方法
[SublimeText]Vimの設定
[SublimeText]言語別にインデントを変更
[SublimeText]ZenCodingとEmmet
[SublimeText]viモードでの一括置換
[OSX]キーボードカスタマイズツール
[SublimeText] ASPタグの入力補助
[SublimeText]使ってみる
[After Effects]ロゴアニメーション
[vim]^Mの改行コードを置換する
Bitbucket
[Homebrew]PHP & PostgreSQL の構築
JavaScript の大規模開発を行うために
[OSX]Macports でインストールできない
Jenkins の導入
GDD 2011 資料メモ
社内SNSで Yammer を使ってみた
Dropbox API公開
[vim]画面分割
[Homebrew]インストール
[Kinect]OSX で Kinectセンサを使ってみた
SoundCloud API Console
VPSサーバ変えました
[OSX]DNSキャッシュクリア
[Corona]ステータスバーを消す
[Corona]外部ファイル読み込み
[OSX]ことえりで日本語変換できない
[Eclipse] Vrapper でvim風にする
Eclipse 3.6(Helios)にsubversionプラグインをインストール
2020/02/14
icon [Mac]容量を減らす

MacBook Pro 256 で開発やクリエイティブ作業していくと容量が厳しくなってきた。

自分の場合

  • Xcode(iOSシミュレータ含む)
  • Homebrew
  • VirtualBox & Vagrant
  • Docker
  • Adobe Creative Cloud
  • DAW、音楽ライブラリ
  • 写真ライブラリ

がかなり容量を圧迫しています。

ファイルを検索

5G以上のファイル検索


$ sudo du -gxd 5 / | awk '$1 >= 5{print}'

1G以上のファイル検索(現在のディレクトリ)

$ sudo du -gxd 1| awk '$1 >= 1{print}'

これらをもとに、手動で削除

Xcode 端末シミュレータの削除

Xcodeの場合、ツールコマンドを利用する

端末リスト確認


$ xcrun simctl list devices
== Devices == 
-- iOS 13.3 
-- iPhone 8 (69D4A89A-704C-43E0-8C71-6437C551DEB6) (Shutdown) iPhone 11 (DC5B21DE-21CA-4624-8C1C-7CDC349B9DDA) (Shutdown) ... 
-- Unavailable: com.apple.CoreSimulator.SimRuntime.iOS-10-1 
-- iPhone 5 (CE4E79DC-CE71-47A9-B2C8-5F77EE73196F) (Shutdown) (unavailable, runtime profile not found) iPhone 5s (C94451DC-A342-46AE-8E69-52D6DF928E77) (Shutdown) (unavailable, runtime profile not found) 

不要端末削除


$ xcrun simctl delete unavailable

Docker

Dockerは不要なコンテナー、イメージが溜まりがち

イメージ一覧情報を表示


$ docker image ls

不要(none)の情報を表示


$ docker images -f dangling=true

不要(none)の情報を削除


$ docker image rm $(docker image ls  --filter "dangling=true" -aq)

イメージ・コンテナー・ボリュームの情報を表示


$ docker system df TYPE TOTAL ACTIVE SIZE RECLAIMABLE Images 85 0 18.97GB 18.97GB (100%) Containers 0 0 0B 0B Local Volumes 24 0 80.44MB 80.44MB (100%) Build Cache 0 0 0B 0B

停止中(exited)のイメージ・コンテナー・ボリュームを削除


$ docker system prune

全てのイメージ・コンテナー・ボリュームを削除


$ docker system prune -a

GrageBand 削除

別途DAWを入れているので、Garageband は削除


$ sudo rm -rf /Applications/GarageBand.app
$ sudo rm -rf /Library/Application\ Support/GarageBand
$ sudo rm -rf /Library/Application\ Support/Logic
$ sudo rm -rf /Library/Audio/Apple\ Loops
$ sudo rm -rf /Library/Audio/Apple\ Loops\ Index
2018/04/28
icon [R]OSXでRcmdrインストール
OSX(High Sieera)でRcmdr をインストールしてもエラーとなった。
> install.packages("Rcmdr", dependencies = TRUE) .... > library(Rcmdr) Error : .onAttach は attachNamespace()('Rcmdr' に対する)の中で失敗しました、詳細は: call: structure(.External(.C_dotTclObjv, objv), class = "tclObj") error: [tcl] invalid command name "image".

XQuartz インストール

Rcmdr はX11アプリで起動するため、XQuartzをインストール&起動しておかなければいけない。 https://www.xquartz.org/ RStudioを再起動し、XQuartzを起動した状態で、Rcmdr を読み込むと起動した。 Rcmdr
2018/04/07
icon [R]RStudio環境の作成
Mac でも R 環境が利用できる。 ただ、XCodeを予めインストールしておいた方が良さそうだ。 (自分は予めXCodeを入れていたので未確認) * 2018/4 時点では「ElCapitan」対応だが、差し当たり「HighSierra」でも動作している。

Rインストール

The Comprehensive R Archive Network
$ R --version R version 3.4.4 (2018-03-15) -- "Someone to Lean On" Copyright (C) 2018 The R Foundation for Statistical Computing Platform: x86_64-apple-darwin15.6.0 (64-bit)

RStudioインストール

RStudio コンソール等でプログラムを簡単に確認できる。 RStudio

日本語化

ホームに「.RProfile」を作成し以下を記述する *参考:RStudio for Mac OS X で日本語のプロットが上手くいかない場合の対処法
setHook(packageEvent("grDevices", "onLoad"),
    function(...){
        if(.Platform$OS.type == "windows")
            grDevices::windowsFonts(sans ="MS Gothic",
                                    serif="MS Mincho",
                                    mono ="FixedFont")
        if(capabilities("aqua"))
            grDevices::quartzFonts(
              sans =grDevices::quartzFont(
                c("Hiragino Kaku Gothic Pro W3",
                  "Hiragino Kaku Gothic Pro W6",
                  "Hiragino Kaku Gothic Pro W3",
                  "Hiragino Kaku Gothic Pro W6")),
              serif=grDevices::quartzFont(
                c("Hiragino Mincho Pro W3",
                  "Hiragino Mincho Pro W6",
                  "Hiragino Mincho Pro W3",
                  "Hiragino Mincho Pro W6")))
        if(capabilities("X11"))
            grDevices::X11.options(
                fonts=c("-kochi-gothic-%s-%s-*-*-%d-*-*-*-*-*-*-*",
                        "-adobe-symbol-medium-r-*-*-%d-*-*-*-*-*-*-*"))
        grDevices::pdf.options(family="Japan1GothicBBB")
        grDevices::ps.options(family="Japan1GothicBBB")
        }
)
attach(NULL, name = "JapanEnv")
assign("familyset_hook",
       function() {
            winfontdevs=c("windows","win.metafile",
                          "png","bmp","jpeg","tiff","RStudioGD")
            macfontdevs=c("quartz","quartz_off_screen","RStudioGD")
            devname=strsplit(names(dev.cur()),":")[[1L]][1]
            if ((.Platform$OS.type == "windows") &&
                (devname %in% winfontdevs))
                    par(family="sans")
            if (capabilities("aqua") &&
                devname %in% macfontdevs)
                    par(family="sans")
       },
       pos="JapanEnv")
setHook("plot.new", get("familyset_hook", pos="JapanEnv"))
setHook("persp", get("familyset_hook", pos="JapanEnv"))

パッケージのインストール

RStudio のコマンド
install.packages("パッケージ名")
でパッケージをインストールできる。 例) > install.packages("knitr")

MeCabインストール

オープンソースの形態素解析エンジン 文法を解析できる。 MeCabから「mecab-0.996.tar.gz」(2018/3時点)をダウンロードしてソースインストール
$ tar zxvf mecab-0.996.tar.gz $ cd mecab-0.996 $ ./configure --with-charset=utf-8 $ make $ sudo make install
$ tar zxvf mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz $ cd mecab-ipadic-2.7.0-20070801 $ ./configure --with-charset=utf-8 $ make $ sudo make install
$ mecab 日本 日本 名詞,固有名詞,地域,国,*,*,日本,ニッポン,ニッポン EOS

RMeCabインストール

RStudio のコンソールで以下を実行する
> install.packages("RMeCab", repos = "http://rmecab.jp/R", type = "source")
<< 最初 < 前ページ 次ページ > 最後 >>