[Git].gitignore が反映されない
  2019/05/28

Gitignore にファイルを記述しても反映されない場合、キャッシュをクリアして commit & push してみる。
$ git rm -r --cached .bash_profile rm '.bash_profile'
ファイル名に「.」を指定して、全ファイルをターゲットにする事もできるが、ちょっと怖いので1ファイルずつ実行した。

[Git]不要ファイル履歴削除
  2019/05/28

・git clone が重い ・秘密のファイルを Commit してしまった など、過去にファイルを Commit & Pull してしまった場合、問題ファイルをなかった事にしたい事がある。 「git filter-branch」を利用して履歴を削除する事で解決できるが、破壊的に履歴を書換える為、作業には注意が必要

PHPサンプルスクリプト

destory_git_history.php

オブジェクト容量の大きいファイルを検出

git_find_big.sh で大きなオブジェクトを抽出
$ du -sh .git/objects 12M .git/objects $ sh git_find_big.sh
「git_find_big.sh」は、gitコマンドを用いて「.git/objects/pack/pack」内の容量の多いオブジェクト順で抽出している

履歴を抹消

抽出したファイルやディレクトリを削除 (refs/heads/master と refs/remotes/origin/master を書き換える。) ※ディレクトリの場合は「git rm -r」
$ git filter-branch -f --index-filter 'git rm --cached --ignore-unmatch ファイルパス' --prune-empty -- --all Rewrite b270c665ec3e7152d611f57caa0f2288c1b6d4b2 (71/662) (9 seconds passed, remaining 74 predicted) ... Ref 'refs/heads/master' was rewritten
ガベージコレクションを利用して不要なオブジェクト、ログを削除
$ git gc --aggressive --prune=now Counting objects: 29352, done. Delta compression using up to 8 threads. Compressing objects: 100% (29137/29137), done. Writing objects: 100% (29352/29352), done. Total 29352 (delta 25019), reused 4279 (delta 0) $ git reflog expire --expire=now --all
gitオブジェクトのリパック
$ git repack -A -d Counting objects: 28584, done. Delta compression using up to 8 threads. Compressing objects: 100% (3888/3888), done. Writing objects: 100% (28584/28584), done. Total 28584 (delta 24481), reused 28577 (delta 24478) $ du -h .git/objects/pack/* 804K .git/objects/pack/pack-d29fd9436341bc9c424baf3089e4acaf7fb4fa06.idx 11M .git/objects/pack/pack-d29fd9436341bc9c424baf3089e4acaf7fb4fa06.pack

強制的にPush

$ git push --force origin master Fetching remote heads... refs/ refs/heads/ refs/tags/ updating 'refs/heads/master' from a24f9d199d061c9edf46ff60f5b6fc83512c5cfc to 357aa42bd0903a3f6721c74bbedfbaae994662dc sending 488 objects done
共同作業している場合は、clone してもらった方が安全か?

[Git] TitaniumStudio で Git を試してみる
  2011/12/01

会社で、SVN から Git に移行する流れになってきたので、今更ながら Git の基本をメモ。 手当たり次第なので、ところどころ間違いがあるかと思います。

リモート(origin)でリポジトリ作成

$ mkdir プロジェクト名 $ cd プロジェクト名 $ git init --bare --shared=true $ git --bare update-server-info

これで空のリポジトリが作成と、WebDav経由での公開設定

ローカル(master)

Titanium Studio の Team で AptanaGit を利用しようとしたが、どうにもこうにも作業コピーできない(?)ので、手動でコマンドすることに。

$ git clone http://サーバ/git/プロジェクト名

ローカルで Commit

TitaniumStudio に戻り Team > Commit を選択 TitaniumStudio Git コメントを入れて、Commit したいファイルを、Unstaged Changes から staged Changes に移動して【Commit】 TitaniumStudio Git

リモートに push

リモート(origin) を選択すると push、SVN で言うリポジトリへの Commit となります。 TitaniumStudio Git TitaniumStudio ではコンソール上で赤文字(デフォルト色)で表示されるので、エラーが出たかと勘違いしますが、問題なく push できました。 コマンドだと大体こういう流れになるでしょうか?

$ git add 追加ファイル $ git add . $ git commit -m 'コメント' $ git remote add origin http://リモートサーバ/git/プロジェクト名 $ git push origin master

<< 最初 < 前ページ 次ページ > 最後 >>