GihHub のデフォルトでない master ブランチを checkout する

2021/05/28

GitHub の「master」と「main」

2020年末頃から GitHub のデフォルトブランチが「master」から「main」に変更になりました。GitHub をはじめた人がこの変更を知らない人が手順を間違えて「master」に push して放置していることがあります。

手動で master に push してしまうのが原因?

これは GitHub でリポジトリ作成すると「main」ブランチがデフォルトになったにもかからわず、手動コマンドで「master」に push してしまうことが多いようです。


% git push origin master

「main」と「master」の食い違いは最終的に、ブランチを移動する作業が必要ですが、ここでは割愛します。

master を checkout する

今回はデフォルトが「main」ブランチで、「master」ブランチで管理されたソースを pull/checkout してみます。

Git clone する

まずリポジトリをクローンして、プロジェクトフォルダに移動します。


% git clone https://github.com/アカウント名/リポジトリ名.git
% cd プロジェクト名

リモートブランチ(master)をローカルブランチ(master)に checkout

リモートブランチは「master」になっているので、ローカルブランチも「master」にあわせて checkout します。 -b は新しくブランチを作成してくれるオプションです。


% git checkout -b master origin/master
Branch 'master' set up to track remote branch 'master' from 'origin'.
Switched to a new branch 'master'

これでリモートブランチ「master」からソースもダウンロードされます。

ローカルブランチや origin の確認

ローカルブランチが「master」ブランチに変わったことを確認します。


% git branch
  main
* master

また origin を確認するとメインが main でその他 master ブランチも追跡していることがわかります。


% git remote show origin
* remote origin
  Fetch URL: https://github.com/アカウント名/リポジトリ名.git
  Push  URL: https://github.com/アカウント名/リポジトリ名.git
  HEAD branch: main
  Remote branches:
    main   tracked
    master tracked
  Local branches configured for 'git pull':
    main   merges with remote main
    master merges with remote master
  Local refs configured for 'git push':
    main   pushes to main   (up to date)
    master pushes to master (up to date)
GihHub のデフォルトでない master ブランチを checkout する
マルチログインで未認証のリダイレクト
Homebrew で Redis をインストール
CSS だけでスムーズスクロール
EC-CUBE4 で Gmail の smtp を利用する
Amazon Linux 2 の amazon-linux-extras とは
UNIQUE カラムのバリデーションで自分自身を除外して更新
フォーム有効期限切れで Page Expired をリダイレクト
ログを日付でローテーションやクリアや削除
Homebrew で PHP8.0 から PHP7.4 にダウングレード
Big sur で zsh 移行と Homebrew アップグレード
Mac に minikube をインストール
途中から .gitignore に追加する
Larevel 6.x から Laravel 8.x にバージョンアップ
Composer で Allowed memory size (メモリ不足)エラー
Blade でカスタムクラスを利用する
git push git pull にブランチ指定せずに実行する
git pull や git push できなくなったとき
Docker のコンテナからホストOS に接続
Mac で ローカル IP アドレス(ipv4)のみを表示する
ホストOS から Docker の MySQLコンテナに接続
caching_sha2_password のエラー
node-config で環境設定ファイルを利用する
rootパスワードを初期化(再設定)する
Git から clone したときのエラー対処
Mac に MySQL をインストール
Mac に PostgreSQL をインストール
Laravel 環境構築 - Mac ネイティブ編
Firebase 入門 - Firebase とは
Firebase 入門 - CLI インストールとデータベースの設定
AWS 無料枠(t2.micro)で容量とメモリエラー
Cloud9 を起動する -初心者編-
gcloud で GCEインスタンスを起動してみる
AWS CLI と jq でインスタンス一覧を整形して表示
React と Laravel7 のプロジェクトを作成する
Homebrewインストール-2020年版
3直線で囲まれた範囲塗りつぶし
PuLP で線形最適化問題を解く
カスタムのペジネーションを作る
node-sass を使って sass をコンパイルする
Log ファサードでSQLログを分離して書き出す
いちから始める Docker - 複数のコンテナを使う - (2020年)
いちから始める Docker - docker-compose を使う - (2020年)
AWS ECR を使ってみる
Laravel7 でマルチ認証
Mac に AWS Client を設定する
Laravel7 リリース
v-html でHTML表示する
Laravel で Nuxt.js を使ってみる(Docker環境)
Laravel で Vue コンポーネントを使う