Webpack入門
MacからLaradock PostgreSQLで接続エラー
Mac で Laradock の構築
Dockerで不要なイメージを削除
yarn インストール&プロジェクト作成
Laravel 6.x 構築(Homestead編)
Composer インストール
nvm インストール
npm install が Mac でエラー
HTMLタグでカーソルが同時処理(ミラーリング)されてしまう
DI(依存性注入)
DIコンテナのはじめ
[Ubuntu]Let's Encryptで無料の証明書を利用する
[Apache]Apache2.4のアクセス制限が変更
[Ubuntu]rootのログインとsudo権限追加
タミヤ マイコンロボット工作セットをMacに接続してみた
pgAdimn4 でブラウザで開けなくなる
Java8 を HomebrewとjEnvで構築
Android Studio環境構築 2019
ロケールの再構築
vagrant グループに Apacheを追加
Linux2 Apache2 + PHP7.3 + PostgreSQL10
Anadondaの削除
[Mac]初期設定メモ(CentOS)
[Mac]PostgreSQL起動
FormRequest を利用したバリデーション
try-catch で Exception検知
[Debian]Node.js安定板インストール
Middlewareを利用したルートグループ化
namespaceを利用したルートグループ化
名前付きルートによるリダイレクト
artisanコマンド
IE11以下でclosest() を利用する
Karma と Mochaインストール
コンポーネントを親に登録
[脱jQuery]LoadingOverlay をネイティブで実装
Targetを利用せずに新規ウィンドウを開く(rel,class)
[脱jQuery]ネイティブでDrag&Dropやtableソート
[脱jQuery]$(document).on() をネイティブでコーディング
[Git]不要ファイル履歴削除
[Git].gitignore が反映されない
[GAS]Gmail指定ラベルの不要メール削除
UFJ API(開発用)を利用してみる
RuntimeException No application encryption key has been specified
PHP7.3 で compser install できない
Laravel インストール&起動
配列結合 array_merge() と 演算子の違い
[Debian]PHPのaptパッケージが消失?
[脱jQuery]始める前に
[VSCode]th td を自動整形させない
2010/04/23
icon SyntaxHighlighterテスト
HTML版用に、SyntaxHighlighterを使ってみた。 SyntaxHighlighter 2.0 -ソースコードを素敵に表示するを参考 こういうのは、Ajaxはすごい便利だ。 Flash10.0系のhtmlTextだと、できないだろうからなぁ。 てか、wonderflでソースのswf表示してるやつあるから、それを調査すればいいか。 ■準備 (1) SyntaxHighlighterパッケージを任意に配置 (2) HTMLで、JavaScriptとCSSのパスを通す(shCore.js、shCore.cssは必須) (3) SyntaxHighlighter.all(); こんだけ。 ■ソースの記述 (1) ソースコードは「pre」タグで囲む (2) 対応言語表記に沿って記述

as3, actionscript3, bash, cf, coldfusion, c-sharp, csharp, cpp, c, css, delphi, diff, erl, erlang, groovy, html, js, jscript, javascript, java, jfx, javafx, pas, pascal, patch, perl, pl, php, plain, ps, powershell, py, python, rails, ror, ruby, scala, shell, sql, text, vb, vbnet, xml, xhtml, xslt, xhtml

例) pre class="brush:as3;" ■ActionScript3のソースの場合 [as3] /** * Copyright 2010 * Author: Yohei Yoshikawa **/ package com.yoos.app.controllers { import com.yoos.app.views.TwitterFriendListView; import com.yoos.app.views.TwitterTimelineView; import com.yoos.app.views.TwitterView; import com.yoos.libs.PageController; import com.yoos.libs.twitter.controllers.Twitter; import flash.events.Event; import mx.collections.ArrayCollection; [Bindable] public class TwitterController extends PageController { private static var instance:TwitterController; public static function getInstance():TwitterController { if (instance == null) { new TwitterController(); } return instance; } public function TwitterController() { if (instance == null) { instance = this; } } override public function initialized(document:Object, id:String):void { view = document as TwitterView; } //view public var view:TwitterView; public var twitterTimelineView:TwitterTimelineView; public var twitterFriendListView:TwitterFriendListView; private var currentFuncion:Function; public var twitter:Twitter; private var topMargin:Number = 0; private var delay:uint = 15000; public var userName:String = 'xxxxxx'; public var password:String = 'xxxxxx'; public function onCreationComplete(event:Event):void { twitter = new Twitter(); twitter.userName = userName; twitter.password = password; generatePages(); pageTwitterTimeline(); } public function onTimelineCreationComplete(event:Event):void { } private function autoLoad():void { var timer:Timer = new Timer(delay); timer.addEventListener(TimerEvent.TIMER, onTimer); timer.start(); function onTimer(event:TimerEvent):void { if (currentFuncion != null) { //currentFuncion(currentParams); } } } private function generatePages():void { baseView = view; baseGroup = view.container; twitterTimelineView = new TwitterTimelineView(); twitterFriendListView = new TwitterFriendListView(); addPage(twitterTimelineView); addPage(twitterFriendListView); } public function tweet(message:String):void { twitter.tweet(message, onComplete); function onComplete(event:Event):void { view.messageField.text = ''; } } public function deleteTweet(id:Number):void { var handler:Function = onComplete; twitter.deleteTweet(id, onComplete); function onComplete(event:Event):void { } } public function retweet(id:Number):void { var handler:Function = onComplete; twitter.retweet(id, onComplete); function onComplete(event:Event):void { } } public function reply(id:Number):void { var handler:Function = onComplete; twitter.reply(id, onComplete); function onComplete(event:Event):void { } } public function pageTwitterTimeline():void { page(twitterTimelineView); twitter.getHomeTimeline(); } public function pageTwitterFridnedList():void { page(twitterFriendListView); twitter.getFriends(); } } } [/as3]
2010/04/14
icon mixiボイスAPIを公開して欲しい
現状、mixiボイスはAPI化されていない為、htmlパースするしか方法がありません。 つまり、現状のiPhoneアプリや「twitter2mixi」を始めとする連動サービスは全滅ですw 夕方に仕様変更があったのを気づいて、mixi & twitter取得・投稿機能を修正。 修正自体はたいした事がないけど、変更がある度に修正が入るかも知れない。 しかし今回みたいな変更だと、他のライブラリに依存しない路線は正解だった。 他のライブラリ待ちだとその間サービスが止まるから・・・ 修正的にはhtmlパースなので超力技だけど、 極力次回影響が少ないように「id」と「class」等のアトリビュートでパース。 しかし今回、無茶苦茶嫌らしいhtmlタグになっているw ■ボイスコメント ・HTMLタグから「コメント」と「post_time」を取得

<div class="voiced"> <p>コメント・・・・<span><a href="view_voice.pl?post_time=20100414231014&owner_id=xxxxxxx">(46分前)</a></span></p>

■ボイス投稿 ・各アドレスの文字列「echo」→「voice」と変更となった。 ・「post_key」のHTMLタグも変更

<input type="hidden" name="post_key" id="post_key" value="xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx" />

夜に更新されたPHPライブラリが更新されて、ソースを見てみたが 「<div class="voiced">」とあからさまな修正なんで、多分次回の修正もダメでしょう。 せめて「class="voiced"」でパースすべきだと思うが、大きく変わったら同じ事だから何ともw API公開しないのはmixi社の方針なので、文句を言っても仕方がないけど、 日記等は公開してなぜボイスは公開しないんだろう? あと、twitterとデータ構造を統一した方がいいと思う。
2010/04/10
icon iPhoneアプリ規制とECMAScript
iPhoneOS 4.0が発表されて、ようやくマルチタスクに対応する事に。 これで相当便利なアプリが登場することに。 しかしその裏側で、Flash CS5発売目の前にこんな規約ができてしまったw http://japanese.engadget.com/2010/04/09/iphone-flash/ これでiPhoneアプリ開発は「ObjectiveC」「WebKit + JavaScript」になってしまった。 つうことで、Adobeの生きる道は「AndroidでAirアプリ」の一本になってしまった。 しかしJavaScriptは開発者からしたら、現状では非常に非効率な言語に思える。 クラス定義・継承がprototypeで対応するってのは、どうも強引過ぎる。。。 ECMAScriptをwikiで調べたら、 「ECMAScript 4 は過去2回仕様作成が挑戦されたが、仕様がまとまらず、失敗に終わっている」 ・JavaScript:ECMA-262 3rd edition ・ActionScript:ECMA-262 4th草案、ECMA-357 ■鍵を握る「ECMAScript」基準 ECMAScript 5 ECMAScript 5の"Object" ・オブジェクトの操作拡張 (Object.create、Object.seal、Object.freezeなど) ・JSON ・Strict Mode Strict Modeってよくわからないと思ったら、警告モード有無の事ねw  Strict = 厳格な 普段何気なく使ってても、用語知らなかったりすのはちと恥ずかしいw こんなんじゃコンサルできないな。
<< 最初 < 前ページ 次ページ > 最後 >>