[Mac]容量を減らす
DIコンテナはじめ
freee SDKを Laravel で使ってみる
freee API を使ってみる
Segueを利用しない画面遷移
Xcode11.3 で XVim2 を利用する
Codable で JSONを読み込み
Webpack入門
MacからLaradock PostgreSQLで接続エラー
Mac で Laradock の構築
Dockerで不要なイメージを削除
yarn インストール&プロジェクト作成
Laravel 6.x 構築(Homestead編)
Composer インストール
nvm インストール
npm install が Mac でエラー
HTMLタグでカーソルが同時処理(ミラーリング)されてしまう
DI(依存性注入)
[Ubuntu]Let's Encryptで無料の証明書を利用する
[Apache]Apache2.4のアクセス制限が変更
[Ubuntu]rootのログインとsudo権限追加
タミヤ マイコンロボット工作セットをMacに接続してみた
pgAdimn4 でブラウザで開けなくなる
Java8 を HomebrewとjEnvで構築
Android Studio環境構築 2019
ロケールの再構築
vagrant グループに Apacheを追加
Linux2 Apache2 + PHP7.3 + PostgreSQL10
Anadondaの削除
[Mac]初期設定メモ(CentOS)
[Mac]PostgreSQL起動
FormRequest を利用したバリデーション
try-catch で Exception検知
[Debian]Node.js安定板インストール
Middlewareを利用したルートグループ化
namespaceを利用したルートグループ化
名前付きルートによるリダイレクト
artisanコマンド
IE11以下でclosest() を利用する
Karma と Mochaインストール
コンポーネントを親に登録
[脱jQuery]LoadingOverlay をネイティブで実装
Targetを利用せずに新規ウィンドウを開く(rel,class)
[脱jQuery]ネイティブでDrag&Dropやtableソート
[脱jQuery]$(document).on() をネイティブでコーディング
[Git].gitignore が反映されない
[Git]不要ファイル履歴削除
[GAS]Gmail指定ラベルの不要メール削除
UFJ API(開発用)を利用してみる
RuntimeException No application encryption key has been specified
2010/06/17
icon form系タグ
HTML5、CSS3って想像以上に統一されてないんだなぁと思うこのごろ。 Firefox(Mozila)とSafari(WebKit)しかほぼ確認してないんだけど、 他のブラウザでみたらダメダメですな。 html内で分岐とかアホらしいし、どうしたもんか。。。 さて、HTML5でのform系のタグだが、Firefox(3.6.3)では全滅ですな(^^;) Operaが一番実装されている。 ■inputタグの属性
tel:
search:
url:
email:
datetime:
date:
week:
detetime-local:
range:
color:
■フォームの入力チェック
※半角英数








うーん、何だか中途半端な機能だな。 普通にJavaScriptで作成してバリデートした方がよさげじゃない?
osamucom   (1)
2010/06/12
icon UITableViewのインデックス
UITableViewのセクションを、アルファベットでカテゴリーして表示。 iPhone データは、アルファベットをキーとしたNSArray keys、アイテムをNSDictionary namesとした。 UITableViewのtitleForHeaderInSectionを実装

サンプル

-(NSInteger)numberOfSectionsInTableView:(UITableView *)tableView {
	return [keys count];
}
- (NSInteger)tableView:(UITableView *)tableView 
	numberOfRowsInSection:(NSInteger)section {
	
	if ([keys count] == 0) {
		return 0;
	}
	NSString *key = [keys objectAtIndex:section];
	NSArray *nameSection = [names objectForKey:key];
	return [nameSection count];
}
- (UITableViewCell *)tableView:(UITableView *)tableView
		 cellForRowAtIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath {
	
	NSUInteger section = [indexPath section];
	NSString *key = [keys objectAtIndex:section];
	NSArray *nameSection = [names objectForKey:key];
	
	static NSString *identifier = @"CustomCellIdentifier";

/*
	CustomCell *cell = (CustomCell *)[tableView 
				dequeueReusableCellWithIdentifier:identifier];
	if (cell == nil) {
		NSArray *nib = [[NSBundle mainBundle] loadNibNamed:@"CustomCell" 
													 owner:self options:nil];
		for (id obj in nib) {
			if ([obj isKindOfClass:[CustomCell class]]) {
				cell = (CustomCell *)obj;
			}
		}
	}
*/
//2012/08/30修正 Xcode4で UITableViewCell をUITableViewで内で作成する場合は、こっちの方がオススメ
        CustomCell *cell = (CustomCell *)[tableView dequeueReusableCellWithIdentifier:identifier];
	NSUInteger row = [indexPath row];
	cell.nameLabel.text = [nameSection objectAtIndex:row];
	
	return cell;
}
セクション毎にアルファベットを表示
-(NSString *)tableView:(UITableView *)tableView
	titleForHeaderInSection:(NSInteger)section {
	NSString *key = [keys objectAtIndex:section];
	return key;
}
検索インデックスをつける
-(NSArray *)sectionIndexTitlesForTableView:(UITableView *)tableView {
	return keys;
}

日本語対応

Table View のインデックスと日本語対応 ローカライズファイルを使ってます。
2010/06/11
icon UITableViewのカスタムセル(UITableViewCell)

※このサンプルは iOS4.3 でクラッシュしました。

改訂版はこちら 会社でiPadが支給(といっても共有だけど)されて、ちょいテンションあげあげ。 と言う事で、続き。 アプリを効率的に作りには、カスタムコンポーネントは必須ですよね。 って事で、これがベストプラクティスかわからないが、参考本を元に作ってみる。 UITableViewのセルをカスタムViewで表示する場合、UITableViewCellを利用する。

カスタムクラスファイルの作成

Classesで「新規ファイル...」>Cocoa Touch Class > Objective-C Class iPhone

「CustomCell.m」と名称をつけて.hも一緒に作成する。 iPhone

次に、Resourcesで「新規ファイル...」>User Interface > Empty XIB iPhone 「CustomCell.xib」と名称をつけて作成。 CustomCell.hにアウトレットを定義

@interface CustomCell : UITableViewCell {
	UILabel *nameLabel;
	UILabel *positionLabel;
}
@property (nonatomic, retain) IBOutlet UILabel *nameLabel;
@property (nonatomic, retain) IBOutlet UILabel *positionLabel;

インターフェイスビルダーでセルを編集

(1) CustomCell.xibを開く iPhone

(2) CustomCell.xibに、Library > Table View Cellコンポーネントをドラッグ&ドロップして追加 (3) 追加したTableViewCellを設定する ・Class名:CustomCell ・Identifier:CustomCellIdentifier iPhone (4) TableViewCellにUILabelを追加し、アウトレットを設定(nameLabel、positionLabel) iPhone

XCodeでカスタムセルを読み込む

(1) XcodeでTableViewController.mを開き、CustomCellをimportする
#import "CustomCell.h"
(2) cellForRowAtIndexPathでセルを表示する
- (UITableViewCell *)tableView:(UITableView *)tableView
		 cellForRowAtIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath {
	
	static NSString *CustomCellIdentifier = @"CustomCellIdentifier";
	CustomCell *cell = (CustomCell *)[tableView 
				dequeueReusableCellWithIdentifier:CustomCellIdentifier];
	
	if (cell == nil) {
		NSArray *nib = [[NSBundle mainBundle] loadNibNamed:@"CustomCell" 
						owner:self options:nil];
		for (id obj in nib) {
			if ([obj isKindOfClass:[CustomCell class]]) {
				cell = (CustomCell *)obj;
			}
		}
	}
	NSUInteger index = [indexPath row];
	NSDictionary *rowData = [self.players objectAtIndex:index];
	cell.nameLabel.text = [rowData objectForKey:@"Name"];
	cell.positionLabel.text = [rowData objectForKey:@"Position"];
	return cell;
}
ポイントは ・dequeueReusableCellWithIdentifierで、cellを取得 ・cellがnilの場合、NSBundleでCustomCell(nib)を読み込み、nibのオブジェクトが「CustomCell」をcellを作成
<< 最初 < 前ページ 次ページ > 最後 >>