[Mac]容量を減らす
DIコンテナはじめ
freee SDKを Laravel で使ってみる
freee API を使ってみる
Segueを利用しない画面遷移
Xcode11.3 で XVim2 を利用する
Codable で JSONを読み込み
Webpack入門
MacからLaradock PostgreSQLで接続エラー
Mac で Laradock の構築
Dockerで不要なイメージを削除
yarn インストール&プロジェクト作成
Laravel 6.x 構築(Homestead編)
Composer インストール
nvm インストール
npm install が Mac でエラー
HTMLタグでカーソルが同時処理(ミラーリング)されてしまう
DI(依存性注入)
[Ubuntu]Let's Encryptで無料の証明書を利用する
[Apache]Apache2.4のアクセス制限が変更
[Ubuntu]rootのログインとsudo権限追加
タミヤ マイコンロボット工作セットをMacに接続してみた
pgAdimn4 でブラウザで開けなくなる
Java8 を HomebrewとjEnvで構築
Android Studio環境構築 2019
ロケールの再構築
vagrant グループに Apacheを追加
Linux2 Apache2 + PHP7.3 + PostgreSQL10
Anadondaの削除
[Mac]初期設定メモ(CentOS)
[Mac]PostgreSQL起動
FormRequest を利用したバリデーション
try-catch で Exception検知
[Debian]Node.js安定板インストール
Middlewareを利用したルートグループ化
namespaceを利用したルートグループ化
名前付きルートによるリダイレクト
artisanコマンド
IE11以下でclosest() を利用する
Karma と Mochaインストール
コンポーネントを親に登録
[脱jQuery]LoadingOverlay をネイティブで実装
Targetを利用せずに新規ウィンドウを開く(rel,class)
[脱jQuery]ネイティブでDrag&Dropやtableソート
[脱jQuery]$(document).on() をネイティブでコーディング
[Git].gitignore が反映されない
[Git]不要ファイル履歴削除
[GAS]Gmail指定ラベルの不要メール削除
UFJ API(開発用)を利用してみる
RuntimeException No application encryption key has been specified
2020/01/31
icon Xcode11.3 で XVim2 を利用する

Xcode で vim を利用するには「XVim2」をプラグインをインストールすると良い。
(11.3 で動作確認)

Github から XVim2をダウンロード

XVimProject/XVim2 にあるソースをダウンロード


$ https://github.com/XVimProject/XVim2.git

コード署名

SIGNING_Xcode.md を参照

  1. アプリケーション > ユーティリティ > キーチェンアクセスを開く
  2. 証明書アシスタント > 証明書を作成... を選択
  3. 名前:「XcodeSigner」を入力、証明書のタイプ:「コード証明書」を選択して作成
     

Xcodeに署名する

 $ sudo codesign -f -s XcodeSigner /Applications/Xcode.app

プラグインフォルダの確認


$ xcode-select -p
/Applications/Xcode.app/Contents/Developer

※選択されていない場合は、「xcode-select -s」で選択する

Xvim2ビルド


$ cd XVim2
$ make

Xcodeプラグインをアップデート

update_xcode_plugins インストール

update_xcode_plugins コマンドを gem でインストール


$ sudo gem install update_xcode_plugins
Password:
Fetching: sync-0.5.0.gem (100%)
Successfully installed sync-0.5.0
...

update_xcode_plugins 実行


$ update_xcode_plugins
Found:
- Xcode (11.3.1) [BAB79788-ACEE-4291-826B-EC4667A6BEC5]: 
...

$ update_xcode_plugins --unsign
Looking for Xcode...

Unsigning Xcode will make it skip library validation allowing it to load plugins.
However, an unsigned Xcode presents security risks, and will be untrusted by both Apple and your system.
This tool will create a backup and allow you to restore Xcode's signature by running

$ update_xcode_plugins --restore

Choose which Xcode you would like to unsign (use arrows): Xcode (11.3.1) [Signed]: /Applications/Xcode.app
Unsign xcodebuild too?: Yes
...

 

XCodeを起動する

  1. 起動済みの場合、終了させて再度起動
  2. 再起動後ポップアップが表示されたら「Load bundle」を選択

メニューバー >「Edit」>「XVim」が表示される