yarn インストール&プロジェクト作成

2020/01/12

yarn は npm と互換性のあるパッケージマネージャで、少しずつ使われるようになっている感じです。 

概要

  • npm よりインストールが速い
  • npmと一緒に使える
  • npm で発生するトラブル(依存)が起こりにくい(?)
  • package.json, node_modules/で構成
  • npm よりもモジュールバージョンを細かく指定可能
  • インストールされたバージョンを yarn.lock に保存 実際に高速で、Mac で npm でエラーになったものも yarn だと解決することもありました。 (ただ、逆もあるかも知れませんが)

参考

nvm インストール

nvm インストール

yarn インストール *管理者権限

apt-key を追加

curl -sS https://dl.yarnpkg.com/debian/pubkey.gpg | apt-key add -

「/etc/apt/sources.list.d/yarn.list」に stable のURLを追加

echo "deb https://dl.yarnpkg.com/debian/ stable main" | tee /etc/apt/sources.list.d/yarn.list

アップデート&インストール

aptitude update
aptitude install yarn

バージョン確認

$ yarn -version
1.21.1

npm & yarnの脆弱性

2020/1/12:バージョンを最新にしておく npmとyarnの脆弱性とpostinstall - Cybozu Inside Out | サイボウズエンジニアのブログ

基本

プロジェクト作成

$ mkdir yarn_sample
$ cd yarn_sample
$ yarn init
yarn init v1.21.1
question name (www): yarn_sample
question version (1.0.0): 0.0.1
question description: yarn sample
question entry point (index.js): 
question repository url: 
question author: yoo
question license (MIT): 
question private: 
success Saved package.json
Done in 63.65s.

package.json が作成される


{
  "name": "yarn_sample",
  "version": "0.0.1",
  "description": "yarn sample",
  "main": "index.js",
  "author": "yoo",
  "license": "MIT"
}

パッケージ追加

$ yarn add [package]
$ yarn add [package]@[version]
$ yarn add [package]@[tag]
GihHub のデフォルトでない master ブランチを checkout する
マルチログインで未認証のリダイレクト
Homebrew で Redis をインストール
CSS だけでスムーズスクロール
EC-CUBE4 で Gmail の smtp を利用する
Amazon Linux 2 の amazon-linux-extras とは
UNIQUE カラムのバリデーションで自分自身を除外して更新
フォーム有効期限切れで Page Expired をリダイレクト
ログを日付でローテーションやクリアや削除
Homebrew で PHP8.0 から PHP7.4 にダウングレード
Big sur で zsh 移行と Homebrew アップグレード
Mac に minikube をインストール
途中から .gitignore に追加する
Larevel 6.x から Laravel 8.x にバージョンアップ
Composer で Allowed memory size (メモリ不足)エラー
Blade でカスタムクラスを利用する
git push git pull にブランチ指定せずに実行する
git pull や git push できなくなったとき
Docker のコンテナからホストOS に接続
Mac で ローカル IP アドレス(ipv4)のみを表示する
ホストOS から Docker の MySQLコンテナに接続
caching_sha2_password のエラー
node-config で環境設定ファイルを利用する
rootパスワードを初期化(再設定)する
Git から clone したときのエラー対処
Mac に MySQL をインストール
Mac に PostgreSQL をインストール
Laravel 環境構築 - Mac ネイティブ編
Firebase 入門 - Firebase とは
Firebase 入門 - CLI インストールとデータベースの設定
AWS 無料枠(t2.micro)で容量とメモリエラー
Cloud9 を起動する -初心者編-
gcloud で GCEインスタンスを起動してみる
AWS CLI と jq でインスタンス一覧を整形して表示
React と Laravel7 のプロジェクトを作成する
Homebrewインストール-2020年版
3直線で囲まれた範囲塗りつぶし
PuLP で線形最適化問題を解く
カスタムのペジネーションを作る
node-sass を使って sass をコンパイルする
Log ファサードでSQLログを分離して書き出す
いちから始める Docker - 複数のコンテナを使う - (2020年)
いちから始める Docker - docker-compose を使う - (2020年)
AWS ECR を使ってみる
Laravel7 でマルチ認証
Mac に AWS Client を設定する
Laravel7 リリース
v-html でHTML表示する
Laravel で Nuxt.js を使ってみる(Docker環境)
Laravel で Vue コンポーネントを使う