icon yarn インストール&プロジェクト作成 (2020/01/12)
最近は、npm より yarn が流行っているようです。 yarn は npm と互換性のあるパッケージマネージャです。

概要

・npm よりインストールが速い ・npmと一緒に使える ・npm で発生するトラブル(依存)が起こりにくい(?) ・package.json, node_modules/で構成 ・npm よりもモジュールバージョンを細かく指定可能 ・インストールされたバージョンを yarn.lock に保存 実際に高速で、Mac で npm でエラーになったものも yarn だと解決することもありました。 (ただ、逆もあるかも知れませんが)

参考

公式サイトYarn InstallationYarn:Facebook発のパッケージマネジャーはnpmに代わるスタンダードになるかyarnチートシート

nvm インストール

nvm インストール

yarn インストール *管理者権限

apt-key を追加
curl -sS https://dl.yarnpkg.com/debian/pubkey.gpg | apt-key add -
「/etc/apt/sources.list.d/yarn.list」に stable のURLを追加
echo "deb https://dl.yarnpkg.com/debian/ stable main" | tee /etc/apt/sources.list.d/yarn.list
アップデート&インストール
aptitude update
aptitude install yarn
バージョン確認
$ yarn -version
1.21.1

npm & yarnの脆弱性

2020/1/12:バージョンを最新にしておく npmとyarnの脆弱性とpostinstall - Cybozu Inside Out | サイボウズエンジニアのブログ

基本

プロジェクト作成

$ mkdir yarn_sample
$ cd yarn_sample
$ yarn init
yarn init v1.21.1
question name (www): yarn_sample
question version (1.0.0): 0.0.1
question description: yarn sample
question entry point (index.js): 
question repository url: 
question author: yoo
question license (MIT): 
question private: 
success Saved package.json
Done in 63.65s.
package.json が作成される

{
  "name": "yarn_sample",
  "version": "0.0.1",
  "description": "yarn sample",
  "main": "index.js",
  "author": "yoo",
  "license": "MIT"
}

パッケージ追加

$ yarn add [package]
$ yarn add [package]@[version]
$ yarn add [package]@[tag]