icon DI(依存性注入) (2019/12/30)

DIとは

DI(Dependency injection) は依存性の注入の意味です。 ここで言う「依存性」は、オブジェクト思考でいうと大まかに「クラスファイル」と考えて良いかと。 そしてそのクラスが特定の定数、変数、インスタンスに依存しまい、単体テストに支障がでている状態です。
class Dog {
    public function isBow() {
        $person = new Person();
        return ($person->action() ==  'walk');
    }
}
class TestDog {
    public function testBow() {
        $dog = new Dog();
        $this->assertTrue($dog->isBow());
    }
}
上記だと、Dogクラス内にPersonクラスに依存してしまってます。 「$person->action() == 'walk'」の実装が変わってしまうと、assertTrue() した結果は、Personクラスが変更があった場合に変わってしまいます。 解決方法としては、Dogクラスの動作させるメソッドでインスタンスを作成せずに、コンストラクタやセッターに、Personを入れて(注入)して解決します。
class Dog {
    protected $person;
   
    public function __construct(Person $person) {
        $this->person = $person;
    }

    public function isBow() {
        return ($this->person->action() == 'walk');
    }
}
class TestDog {
    public function testBow() {
        $person = new Person();
        $person->expects($this->any())
            ->method('action')
            ->will($this->returnValue('walk'));
        $dog = new Dog($person);
        $this->assertTrue($dog->isBow());
    }
}