icon UFJ API(開発用)を利用してみる (2019/05/15)
UFJ が API を虎視眈々と開発していた。
カブドットコムのAPIも使えたりと結構楽しそう、というか近々実用化されそうな予感がします。
カブドットコムのAPI(kabu.com API)は本番環境で利用できるとのことだが、法人契約が必要なのと当然ながら審査が必要。

開発用API登録

UFJ API

API種別

2019/05/15現在、個人口座、法人口座、振込申請、総合振込申請、給与賞与振込申請、特別徴収地方税のAPIが用意されている。
UFJ API

API Client Secretの発行

当然ながらAPIを利用するには、Client Secret の発行が必要となる。
UFJ API

APIリファレンス

各サービス毎にリファレンスは用意されている。
cURL,Ruby,Python,PHP,Java,Node,Go,Swift のサンプルが記載されており、結構本気度が伺えられる。
また、レスポンスは基本 json のようだ。
UFJ API
ただ本番利用の場合は、金融業界なので審査が厳しいと予想される。

ライブラリ(PHP)

使いやすいように、ざっとクラスライブラリを作成してみた。
ufj_api(2019/05/15現在アカウント情報取得のみ)

また、検証用データが用意されていて、Account ID一覧は以下の通り
001001110001
002001110002
325001110003
135011110005
118011110008
329011110009
002021110013
002022220003
325022220004
909022220013
002022220014
002023330003
325023330004
480023330005
777023330008
118023330009
427383330012
909383330013
002383330014
002283330016

実行結果

$ php get_account.php 002023330003
{"branchNo":"002","branchName":"丸の内","accountTypeCode":"02","accountTypeDetailCode":"00099","accountTypeName":"定期","accountNo":"3330003","accountName":null,"accountNameKana":null,"balance":100000,"withdrawableAmount":null,"currencyCode":"JPY","foreignCurrencyBalance":null,"yenEquivalent":null,"exchangeRate":null,"totalMarketValue":null,"totalUnrealizedProfitAndLoss":null,"mutualFundAccountType":null,"fundBaseDate":null}