ヨーロッパ鉄道007-7日目~最終日-

2009/09/18
この旅最長の13時間の寝台列車でドイツに向かうも、
オーストリアの悲劇再来!
そして最後のミッション「ライン川下り」へ

9/17(水)
■18:30
プラハ→ベルリン経由→ケルンの寝台電車に乗車。
今回はパスポートなしでOKみたい。
プラハ

■20:00
疲労のピークで個室で夢の中

9/18(水)
■3:00
ふと目が覚めると電車が止まっていた。
どこだろう?

■3:30
車掌さんが来て「次の駅で乗り換えろ」みたいな事を言っている ・・・ような気がする。

何か意味が分からない・・・
時間的にあと2時間でケルンかな??
って、おい!w
プラハ

ベルリンで3時間以上遅れで電車ストップ!


プラハ

別の電車に乗り換えらしい・・・寝台料金返してw
ベルリン

スケジュールの大幅変更を余儀なくされ、夜が明けていく。。。
ベルリン

船に間に合う電車が1本だけのような・・・
トーマスクック

■9:05
ケルン駅到着するも、次の乗り換えまで約10分しかない!

大聖堂をバックにモーニングコーヒー。とホットドックを頬張りながら、 ドイツの風を過呼吸する予定だった。・・・。

現実は、駅を飛び出して拝むだけ。
ケルン大聖堂

■9:15
ケルン~ビンゲンの電車へ
この区間はライン川沿いを走る列車で、ヨーロッパ列車景観ポイントの1つ。
ライン川

■11:05
10分遅れでビンゲンに到着
ライン川

何気に11時台の船に乗れないと、ライン川下りがボツになる言う緊迫感

船どこだ~ぁ??



他の客の進む方向に1流されて急ぎ足。
10分程あるいて、船発見!

タラップまであとちょっと、ってあれ?
ちょwww 船がぁw
船がぁw~じゃdlfじゃkfjらふじこ

orz orz orz 出航 orz orz orz


ライン川

俺は間に合わない男なのか?

と川のほとりで自問自答して、あさっての方向を見ていたら、
もう1隻船がみえたような気がした。

天は我を見捨てず



さっき出航したのは民間会社の船だったらしいく、
こっちが時刻表にのっていた船だった・・・
ライン川

ドイツ国鉄の船(KD)なので、鉄道パスでそのまま乗車できる。

■11:30
ライン川下り
ライン川

いろんな城が登場するのだが、どれがどれだかわからない。。。
ライン川

そんな中、日本人女性に逆ナンされる
ライン川

ライン川沿いにリューデスハイムってワインの有名な町があって、 日本代理店の女性が「ワインを試飲して下さい」と。
ライン川

これと言ったお土産買っていないので、ワインとチョコを購入。
ローレライの岩
(世界3大がっかり遺産らしい、ローレライの岩)

■13:00
St Goarshausenで船を降りる。
3時間押しは痛すぎる・・・フランクフルトに向かう事に。

今度は、反対岸の電車に乗ってみる
ローレライの岩

ただ、時刻表に途中駅が乗ってないんだけど・・・
果たしてこの方向でいいのか?ドキがムネムネ

■15:00頃
Wisbaden Hbfで乗り換え途中にソーセージ発見!
Wisbaden Hbf

空腹だったせいもあるが、安くて感動的な美味さだった。
Wisbaden Hbf

■16:00頃
フランクフルトに到着

観光スポットらしき場所に歩いて行くと、政治家の演説?
フランクフルト

何かすげぇ盛り上がってるけど、俺はソーセージに盛り上がる。
フランクフルト

そして旅は終盤を迎え、何か切なくなる・・・
フランクフルト

■18:50
ドイツが誇るICEで、フランクフルト~パリへ
ICE

4時間で着いちゃうってのが凄いな。
ICE

■23:00
パリ着、宿泊
特記すべき事はない。

9/19(土)
■終日パリ市内散歩
2回目なのでガイドブック持ってこなかったけど、
パリ
脳内マップを頼りに地下鉄&徒歩

パリ

ちょっと裏道入ったりしてみる。
パリ

欧米人に地下鉄の乗り場を聞かれたんだけど・・・
パリ

ちなみに今回パリをゴールにするつもりはなくて、 なぜかパリにいるというもどかしさ。
パリ

まだ、モン・サンミシェル見た事がない


パリ

空港駅までの切符間違えて不正乗車w
パリ

パリ~名古屋で初セントレアなんだけど、この便はもうじき廃止らしいw
セントレア

という9日間の帰省でした。

で、着いたそばから河口湖に来いとか
そら無理だろう?と素直に実家に帰る。
しかし、そこでは甥っ子姪っ子との戦争が繰り広げられていた。

俺のチョコが食えねぇてか?



(おしまい)


より大きな地図で ヨーロッパ鉄道 を表示


■おまけ(グロ画像)
足の指がぁ・・・

てか、この指より、親指の痺れが未だにとれない