icon ADEP Data Services for JEE 4.6 (2011/11/09)
LiveSycle Data Service から名前が変わって、Adobe Digital Enterprise Platform(ADEP) として生まれ変わったそうです。
今までは Java のみ対応ですが、以下のプラットフォームで SDK が用意されました。

クライアント SDK

- Flex/AIR
- Java
- Objective-C (iOS client)
- Android (jarファイル)
- HTML5/JS (JavaScript Client)

.NET framework v4.0 が必要
RemoteObject の呼び出しが JavaScript でも行えるようになった
モデリング生成ツールで Javaのファイルを書き出してくれるが、テンプレートをカスタマイズして

価格と機能概要

Basic版とAdvance版があり、値段はまだ決まってないそうですが、うん千万という話も・・・(怖)
搭載機能比較表
The ADEP Post に情報が載っているそうです。BlazeDS はバグフィックスのみで機能提供はないらしいです。