Flash vs HTML5

2010/02/08

iPhoneがFlashを載せない理由

Flashはバギーだし、HTML5で十分

やっとRIAが業界全体が動き始めた実感。
「Flash vs HTML5」って文字を良く見るけど、個人的にはどっちでも同じかなぁ?と思う。
どっちを選択しようと、デベロッパ的にはやる事は変わらないと思う。

問題は、FlashであろうとHTML5であろうと、デザイナーとデベロッパの境界線が更にグレーになる。
個人的には、FlashもHTML5(JS・CSS含む)もWebデザイナーで全部作ってくれと言いたいが・・・
多分、この中間層の人材需要が増えるんじゃないかな?と思う。
さて、HTML5優位とはいいつつ、現状はFlashに劣っている部分は否めないと思う。

■現状のHTML5 + JSの問題点・疑問点

(1) ブラウザ依存しすぎ  これが一番懸念されてることすよね。
(2) ライブラリが規格統一されてない jQuery、PrototypeJs、YUIと選択肢が多すぎてこの先どうなるのか?
(3) 開発標準環境が確立されてない  これはまだ仕方ないけど、時間短縮は開発ツールが命だからねえ。  JSに関してはせめてヒエラルキーを追えるツール探さなきゃ(Eclipse Pluginとかあるのかな?)
(4) 既にActionScript3.2で実現可能

JSでしかできない秀逸な機能が今のところ見当たらない FlashPlayer10.1 & Air2.0はかなり面白いのだが、どうなるのかなぁ? どちらにしろHTML5、JSのクラス実装くらいは把握しておかないと死ねる。 あとAndroido、XCodeは手をつけておかないと。

AWS CLI と jq でインスタンス一覧を整形して表示
React と Laravel7 のプロジェクトを作成する
Homebrewインストール-2020年版
3直線で囲まれた範囲塗りつぶし
PuLP で線形最適化問題を解く
カスタムのペジネーションを作る
node-sass を使って sass をコンパイルする
Log ファサードでSQLログを分離して書き出す
いちから始める Docker - 複数のコンテナを使う - (2020年)
いちから始める Docker - docker-compose を使う - (2020年)
AWS ECR を使ってみる
Laravel7 でマルチ認証
Mac に AWS Client を設定する
Laravel 7 リリース
v-html でHTML表示する
Laravel で Vue コンポーネントを使う
Laravel で Nuxt.js を使ってみる(Docker環境)
いちから始める Docker -コンテナをビルド- (2020年)
いちから始める Docker -起動してみる- (2020年)
Mac で MySQL(8系)
composer で vendor がインストールできない
Eloquent の日付を Carbon で扱う
webpack 4 入門(npm編)
[Mac]容量を減らす
DIコンテナはじめ
freee SDKを Laravel で使ってみる
freee API を使ってみる
Segueを利用しない画面遷移
Xcode11.3 で XVim2 を利用する
Codable で JSONを読み込み
Webpack入門(yarn編)
MacからLaradock PostgreSQLで接続エラー
Dockerで不要なコンテナ・イメージを削除
Mac で Laradock の構築
yarn インストール&プロジェクト作成
Laravel 6.x 構築(Homestead編)
Composer インストール
nvm インストール
npm install が Mac でエラー
HTMLタグでカーソルが同時処理(ミラーリング)されてしまう
DI(依存性注入)
[Ubuntu]Let's Encryptで無料の証明書を利用する
[Apache]Apache2.4のアクセス制限が変更
[Ubuntu]rootのログインとsudo権限追加
タミヤ マイコンロボット工作セットをMacに接続してみた
pgAdimn4 でブラウザで開けなくなる
Java8 を HomebrewとjEnvで構築
Android Studio環境構築 2019
ロケールの再構築
vagrant グループに Apacheを追加