icon 初守備練 (2011/01/15)
最近、寒いけど体動かすと気持ちいい季節だったりする。
学田野球場で今年守備初め。
草野球
今日は比較的ショートが混んでなかったので、ずっとショートやってました。
いやぁ、足はかなり動くようになってきたけど、

捕球が下手過ぎ

あ、余裕と思って油断するとポロポロ。

うーーん、なぜ捕球できないかには理由がある。
何のスポーツでもそうだけど考えてイメージして、実践で感覚を掴むしかないんだよな。

まず自分の欠点を考えてみる

(1) ボールを捕球寸前まで見れていない(2) 捕球の寸前で送球の動作(意識)が早くいきすぎて、捕球する前にグラブを動かしてしまう
(3) グローブのどこにボールを当てるか、まだ感覚がわからない


(1)は基本中の基本だけど、すぐ顔が動いてしまうっていう条件反射的な癖なんだろうな。
どうしてもバウンドやゴロを推測だけで捕りがちになるから、イレギュラーまでの体の準備ができない。
バウンドの高さ・角度で、グラブの向き・位置のバラエティが必要なんだろうが、
これは人それぞれなんだろうから、体に合った形でで覚えるしかないかと。

(2)は自分で言うのも何だが、捕球してから送球まではそこそこ速いと思う。
ただ、それがゆえに捕球が未完全なままボールを握ろうとしてしまう。
名手井端が言っていたけど、

守備には「捕球と送球が別のサイクルの人」と「捕球と送球が一連の流れの人」の2タイプいる

と言う。
やはり、前者が基本だろう。
特に草野球レベルだと足がプロみたいに速くないから余計。

(3)に関しては、まったく掴めない。
土手なのか先なのかで大きく掴み方が変わってくるからなぁ。

アライバ

公式と軟式じゃちょっと違うんだろうけど。
荒木のグラブの出し方はちょっと真似できないな。土手で捕るのが基本な感じ。
井端はすごく堅実って感じで、基本ショーバンで合わせて網でとる事も多い。

そんなこんなで、課題だらけの守備練習の後は、バッティングセンターで初打ち!
ボールの下たたき過ぎて、あまり調子が良くないかも。