icon バースデイ・サイクリング (2005/06/25)
今日は記念日として、かなりハードなサイクリング

12時前に起床。その後、何も考えずとりあえず自転車に腰掛ける。
やっぱり、「海が見たい」ってことで南に向かう。

まずは先週行った皇居を通る。
皇居
新橋を経由して汐留に。夏い!水分補給とタオル購入(降参用ではない)。
汐留
次から次へと、初めて見るところだが偶然にも「築地」に遭遇!
これは、海鮮を食さなければ!と非グルメな自分が足を運ぶ。
築地
マグロ切りデモに感化され(?)店に入る。カウンターで「にぎり寿司」を喰らうのは生まれて初めてだ。
築地マグロ
高級寿司でない店ではあるが、全体的に築地は安い気がする。とにかく、穴子寿司の食べ方がわからなかった。あ、ちなみにビール飲んだのでこの後は飲酒運転です。

昼食後、目的地はとりあえず「新木場」に決定
とにかく「適当に走る」のが俺流。橋があるので渡ってみた。

勝ちどき橋勝ちどき橋
おお、この橋って「こち亀」で読んだことがある「勝ちどき橋」ってやつだ。
昔は橋が真ん中で割れて上がるってやつだ。確かに橋の中央に割れ目の跡が・・・割ってみたい。

ここからやたら橋渡りが続く。つらいが楽しい。

月島を経て渡る「朝潮大橋」!・・・・は写真とり忘れ?
次に、多分「晴海橋」
歩道橋
途中、歩道橋で偶然にも「1975年6月」の文字が・・・。運命を感じた。
晴美橋
東雲橋を渡り、湾岸線南に入った「新末広橋」
新末広橋
新木場への架け渡し「新曙橋」
新曙橋
とりあえず「新木場」に着くが何もないので、道路地図を眺める・・・となにやら「サイクリングロード」の文字。「若洲海浜公園」というところらしい。
サイクリングしてるのに「サイクリングロード」はいかがなものか?と思いつつ心は「若洲」へ

若洲への入り口「若洲橋」。ここで写真を撮ろうと路線変更して生コン車にひかれそうになる。これ、普通車だったらあの世に行き。
若洲橋
ここからかなりの逆風!!こいでも恋でも先に進まない!!あの風車が原因か!
若洲の風車
やっとたどり着いた「若洲海浜公園」!
中にはキャンプ場があって、テントはって、バーベキューして楽しそうな人・・・を尻目に、海に出てみると「俺もここまできたな」って、携帯写真では表現できない気分だ。太陽がにっこりと迎えてくれる。
若洲の海
しばらく、サイクリングロードをひた走るが、なかなかのロードだ!って写真がショボイ。
若洲の海若洲の海
時間は、夕方4時前。しかしこのテンションを切らせまいと、さらに東へ!
荒川を越える「荒川河口橋」
荒川河口橋
この橋を渡ると・・・
江戸川区
つうか、この勢いでいくとミッキーに会える!!が、さすがの俺も一人ミッキーには少々抵抗がある。
道は「葛西海浜公園(東京)」「浦安(千葉)」・・・うーん、今回は「葛西海浜公園」に
葛西臨海公園観覧車
さて、いきなり入り口に入ると、木にもたれ掛かったモデル風の女性がポーズをとっている。前には複数の怪しい一眼レフカメラマン達!
俺、「撮ってもいいですか?」って聞けなかった。
うろうろして一番南の「西なぎさ」に到着
葛西臨海公園の海
西日が目にしみる。俺泣けてきたよ。

さて、またうろうろしてると公園内では大道芸人がショータイム!
葛西臨海公園の海
シュガーボックスやら、複数のつつの上に乗ったりして結構がんばってた!
何か必死さに同情したのか、1,000円札をチップに・・・。

そうこうしているうちに、時間も時間、そろそろ帰ろうと道路地図を片手に考え中・・・
うん、うーん、「お台場」だなっ・・・つうかこれ帰れるのか?まあその時はその時で。

「お台場」方面へは、行きと同じ様な道を行けば良い。
今回は湾岸線をすすむ。
「新辰巳橋」(行きは「新末広橋」)
新辰巳橋
そして「東雲」をさらに西に進む。ひたすら西に・・・。おお、来ました!着きました「お台場」!
お台場の海
夕焼けが目にしみる。俺、言葉がありません。
お台場の海
よし、もう帰ろう!
「レインボーブリッジ」看板
お台場の海
ドライバーの皆様は既にお気づきかと思いますが、レインボーブリッジは「自転車は」通行できません・・・。
ちなみに、歩いて渡ることが可能であり、自転車を解体して輪行袋に入れて運べば通行可能なそうです。
俺、かすかな「望み」を期待してたんだよね!と「のぞみばし」で嘆くのだった。
のぞみばし
結局、晴海通りまで逆戻りして帰る。もう、この後は心身ともに結構キツかった。泥よけがタイヤに引っかかったり、道間違えたり・・・。写真も暗いせいかぼけてます。何かあまり記憶がない。
佃大橋勝ちどき橋
途中、ふと草野球観戦している自分が何か切なかったり。
草野球観戦

そして、何とか無事帰宅!!

走行距離:約70km
走行&滞在時間:約9時間
iPodで再生したアーティスト:「StepAhead」「寺井尚子」

こうして、30回目の誕生日を迎えた訳で、誕生日プレゼントも何もない。自分で買う暇なかったな(苦)。
ただ、疲れた体を癒しに銭湯で汗を流すと、ちょっと日に焼けた体と心がしみたりして・・・。